“令和最高美ボディ” 雪平莉左、グラビア希望の声や反響がモチベーション「ファンが第一」

グラビア 公開日:2022/04/21 30
この記事を
クリップ

WEB 版「東京カレンダー」への出演が大きくバズると、2020 年末『週刊ヤングジャンプ』にて本格グラビアデビュー。以降は、その美しさから「令和最高の美ボディ」と称される、雪平莉左


そんな雪平の1st 写真集『とろける。』が、4月21日(木)に発売された。発売直前に雪平を訪ね、写真集に込められた思いや撮影秘話、グラビア活動の原点に今後の目標を存分に語ってもらった。


――改めて写真集のお話を頂いた際の心境など振り返られていかがですか?

本格的にグラビアを初めてから半年というタイミングで写真集のお話を頂いたので、最初は実感が湧かなかったんです。

嬉しさより「ビックリ」の方が先にきちゃいました。

しばらくしてから、このご時世に写真集を出せること自体が大変なことなんだとわかるようになり、ありがたさが身に沁みました。


――雪平さんはWEB 版「東京カレンダー」へのご出演で、グラビア界にも出版業界にも鮮烈な印象を与えたわけですが、写真集のお話もきっかけは「東京カレンダー」ですか?

そうですかね!?笑

東京カレンダーのナイトプール企画のお話を頂いた時はグラビアをしていなかったので、あの撮影には自前の水着とメイクで挑んでるんです。

それがバズったので、褒めて頂けると凄く嬉しいです。

そこから『週刊プレイボーイ』や『週刊ヤングジャンプ』にお声がけ頂いて、グラビアを本格的にはじめるようになり、今回の写真集に繋がりました。


――それまでグラビア活動は全く考えてらっしゃらなかった?

はい。東京カレンダーがバズるまでは、グラビアをやるつもりがなかったので、オファーをたくさん頂いてビックリしました。

それも、『週刊ヤングジャンプ』さん、『週刊プレイボーイ』さんとグラビアをやっていなかった私でも知っている有名雑誌ばかりだったので、これは有難いと思い挑戦させて頂きました。

現場では、カメラマンさんやヘアメイクさん、スタイリストさんたちに褒めてもらって、凄く自信がつきました。

そのおかげで「グラビアをもっと本格的にやりたいな」と思えるようになりました。

最初の頃の写真と見比べると、自分でも表情やポージングが成長したなと思えるので、ファンの方もこの写真集で成長を感じてくれるんじゃないかと思っています。


――いきなりグラビアに挑む際の不安や抵抗はありませんでしたか?

グラビアをやる前からジムには行っていてボディメイクはしていたので、「すぐ脱げます!」という状況ではあったので、抵抗はなかったですね(笑)。

キレイに撮って頂けるって嬉しいじゃないですか。

今回の写真集もそうですが、自分がお母さんになった時、子どもにキレイだった頃の姿を素敵な写真で見せられるのは凄く幸せなことだと思っています。


――素晴らしいお考えですね!そして、「東京カレンダー」の次には、「テレビ千鳥」へのご出演もバズってらっしゃいましたね。

ありがとうございます(笑)。

キャラ的に場を盛り上げられるキャラではないと思っているので、こちらは少し不安な部分もあったんですが、出演してみたら色んな方から「良かったよ!」と言ってもらえて嬉しかったですね。

番組では「声小さい」ってイジってもらえたんですが、放送後はSNSでファンの方たちも「もっと声張った方がいいよ!」ってイジってくださって(笑)。

呼んで頂けるなら是非また出たいですね。


――1st 写真集『とろける。』で掲げたテーマは「美」だそうですが、意識されたポイントなど教えてください。

撮影期間は半年くらいあったんですが、スタイルをキレイに魅せるよう意識しました。

週に2回パーソナルジムに通ってボディメイクを頑張りましたし、食事にも気をつかって、紫外線対策もしっかりしました。

ジムではバストアップとお尻が小さくならないように鍛えていたんです。

そんなバストとお尻はこの写真集でも味わえると思うので是非楽しんでください。


――雪平さんはプロフィールにある「Fカップ」より大きく見えますよね?

ありがとうございます。

水着や下着の種類によって大きく見えることもあると思いますが、正真正銘のFカップです(笑)。

写真集の撮影期間は特にバストアップを意識していました。

女性ホルモンの働きよくするサプリを摂ったり、リンゴの中にも「ボロン(ホウ素)」という女性ホルモンを活性化させる成分が入っているので、リンゴを沢山食べたり。

あとは鶏肉や豆乳にもバストアップ効果があるので積極的にとるようにしていたんです。

そうしたら…、写真集撮影の後半、スタッフさんやカメラマンさんたちが「あれ?おっきくなった?」ってバストアップに気付いてくれたんです!


――凄い!「令和最高の美ボディ」はまだまだ成長期なんですね!撮影期間も長かったようですが、ロケ地も小浜島・屋久島・北海道と贅沢です。撮影の思い出や印象的だった出来事などございましたか?

海外での撮影が難しかったので、国内を贅沢に周ろうということで、小浜島・屋久島・北海道と行かせて頂きました。

屋久島の大自然は本当に凄かったですね。そんな大自然を活かす撮影では足場が悪かったり、森の中を進んだり、崖の上に登ったりと移動が大変だったので、どれも印象に残っています。

大変だった分、仕上がりのカットも壮大なものになっていたので大満足です。

北海道での撮影はとにかく寒かったんですが、スタッフさん達に「雪のカットが印象的」と言ってもらえたので嬉しかったですね。

撮影場所がリゾートホテルだったので、テントサウナ、プール、遊園地といったものが施設内に色々とあって、写真も撮り甲斐がありました。


――写真集では露出や衣装も大胆なものになっていますが、お気に入りの衣装などございますか?

今回の写真集は衣装もたくさんあるんです。20種類近くあると思います。

当初から、「他のグラビアの方があまりやってない衣装を多めにしたい」という希望を出していたんです。

スタイリストさんが用意してくれた、緑色でファッション性の高い衣装は撮影チームの中でも好評でしたね。

私がリクエストしたのは光沢のあるコスプレチックなエプロンで、これは後ろに生地がなくてお尻もちゃんと見える感じなんですよ。

あと、これまで下乳を出す衣装も着たことがなかったので、この機会にリクエストしてやってみました。

写真集全体の中でもこのエプロンと下乳衣装はスパイスになっているので気に入っています。

雰囲気もちょっと「普段見せない私」という感じになっているので、やってよかったです。


――お気に入りカットはいかがですか?

屋久島で撮ったこの見開きで掲載しているカットがお気に入りです。

クリスタル岬という崖での撮影だったんですが、そんな大自然の雰囲気と、サイドがチェーンになっているゴールドの変形水着がマッチしていて。


――野性味が素晴らしいカットですね!四つん這いのポージングですが、岩の上で大丈夫でしたか?

下の岩場は本当にゴツゴツしていて痛くて大変だったんです。

それより大変だったのは、このクリスタル岬にたどり着くまででしたね。

もう道なき道をスタッフさんたちとズンズン進んで行く感じで(笑)。


――そんな大変な思いもありつつ完成した1st 写真集『とろける。』ですが、雪平さんが最初に見せたい方はどなたですか?

やっぱり最初に見せたいと思っているのは家族ですね。

この活動を母と姉は応援してくれているんですが、父は照れててノーコメントなんですよ(笑)。

どんな反応をしてくれるのか気になりますね。


――ゴルフに競馬と多趣味な雪平さんですが、最近の息抜きやリフレッシュにハマっていることがあれば教えてください。

そうなんです。ゴルフと競馬が大好きで!

やっぱりゴルフは大自然の中で出来るので、凄くリフレッシュになります。

めちゃくちゃ上手いわけではないんですが、楽しくやっています。スコアは100を切れてないですね。

競馬はお仕事でやらせて頂くようになってハマってしまって、馬自体も好きになってしまったので、最近では乗馬も始めました。今は4級のライセンス取得に向けて頑張っています。

このライセンスが取れると、先生なしで馬をコントロールできるようになるので、北海道あたりで乗りたいですね~

実は、グラビアの目標として、馬に乗ったカットを撮りたいと思っています。


――これは次の写真集にも期待ですね!今後の活動での目標などいかがですか?

雑誌の表紙をもっと飾りたいですね。ソロ表紙をどんどんやりたいと思っています。

今は男性ファンの方が多いですが、女性ファンを増やしたいなと思っているので、女性誌やファッション誌にも出して頂けるように頑張りたいです。

雑誌専属モデルなんかにもなれたらいいですね。

バラエティ番組や、演技のお仕事にも興味があるので活動の幅を広げつつ、グラビアでも頑張っていくという欲張りな感じでいきます!


――WEB 版「東京カレンダー」へのご出演まではグラビアを考えていなかったというのが信じられないほど、グラビアにも積極的なお考えですね!

私は活動を通じて、「ファンの方の声に答えて行けるのが好き」なので、グラビアをやってほしいというお声や反響がモチベーションになっています。

もしグラビアを始めた時、評判がイマイチだったりしたら、ここまで来れていなかったと思います。

褒めてもらえたり、「もっとグラビア見たい!」と言ってもらえたので、「もっとやろう!」と思えています。

これからもファンの方第一で、ファンの方のお声で方向性を考えていきたいですね!

褒められて伸びるタイプなんで(笑)。


――少し質問の趣向変わりますが、1st 写真集のタイトル『とろける。』にちなみまして、最近感じた「とろける。」体験があれば教えてください。

最近サウナブームじゃないですか。

実は今までサウナに行ったことがなかったんですが…、ついにサウナデビューしたんです!後楽園のラクーアで。

サウナで「整う」という言葉の意味が全くわからなかったんですが、実際に体験してみたら…、「これが整うか!」と、とろけましたね。


一同:

(笑)。


――それでは最後になりますが1st 写真集『とろける。』の魅力を視聴者に向けよろしくお願いいたします。

今回、小浜島・屋久島・北海道と贅沢に3か所で撮影させて頂きました。

背景も大自然から遊園地、雪景色にお風呂と様々なシチュエーションが楽しめます。

衣装バリエーションも多いので、飽きのこない見応えのある写真集に仕上がっています。

露出や攻めた衣装も多いですし、ファッション性の高い衣装も同じくらいあります。出版業界の方にも見て頂きたいですね!「こういう衣装も着こなせるんだ」と思って頂けるよう頑張っています。

服を着ているカットは男性的彼氏目線で。グラビアっぽくない写真も多いので女性の方にも見て頂けると嬉しいです。

今回の『とろける。』、自分で見ても100点満点の仕上がりになっています。

自信作なので、男女問わず色んな方に見て頂きたいと思っています。是非「とろけて」ください!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ