濃密フェロモンおねえさん 桃々さや、飴舐め初体験「すごく恥ずかしかったです」

グラビア 公開日:2022/04/17 34
この記事を
クリップ

インスタグラマーとして活動しながら、グラビアアイドルになる夢を持ち続けた桃々さや。グラビア雑誌やDVDを観るのが好きだったそうで、なかでも森咲智美に憧れを抱き、その念願が叶い森咲と同じ事務所のR・I・Pへ在籍、大きな夢を実現させた。163cm B90cm-W58-H88という、グラドルを目指しただけあって理想の色白映えボディ。話してみるとより分かるのがフェロモンの濃密さ。上品な語り口と蕩けるような笑顔、色っぽいクネクネ具合が男心に火を付ける、今後グラビア界を席巻するのにそう時間は掛からないだろう。そんな桃々の記念すべき1stDVD『ととのいました』(竹書房)が発売され、リリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


「ファンの方が黒の水着が好きだと言ってくださるので、DVDで着たのとは違う形の黒のビキニにしました」と紹介し、初めてのDVDを手にして笑顔を見せ、「にこにこしながら最後まで観ちゃいました…」ともじもじ。沖縄で撮影された今作は桃々がアナウンサーに扮しているといい、随分色っぽい女子アナだ。「上司の方やADさんといろいろあったりします」と照れ笑いを浮かべ、恥ずかしかったシーンには車内での飴舐めを挙げ、「撮影初日の最初が飴を舐めるシーンだたのですごく恥ずかしかったです。この間撮影会でファンの方とお会いしたときに感想が聞けたのですが、”最後まで観られなかった”って言葉をいただいたので、良かったのはないかと思います(笑)。甘いものが好きなので美味しく舐めさせていただきました」と奇しくも色っぽい答えになってしまい、顔を赤らめていた。


「TikTokで“ダメ男製造機おねえさん”として腰振りダンスを披露しているんですけど、それに因んだ激しい腰振りをしています」と、ファーストにしてゴールドビキニでのダンスシーンも収録。さらにお気に入りだというジャグジーのシーンでは、桃々のプロポーションの素晴らしさが際立っていて見逃せない。様々な大胆水着&衣装に挑戦したデビュー作を自己採点してもらうと「80点」と即答、「ファーストというのもあったので、セリフをもうちょっと上手く言えたら良かったのと、もう少し体を仕上げて行きたかったなと思いました。でも一番の課題は表情ですかね」と自己分析し、今後に繋げたいと意気込んだ。


憧れの森咲からはロケ前に会えたそうで、「桃ちゃん、随分頑張って体仕上がってて偉いね。頑張ってきてね」と声を掛けられたという。森咲の色っぽさを受け継ぎ、エロスの女王が背中を押してくれている桃々さや。名前の可愛さと大人っぽい雰囲気とのマリアージュで、これから注目していきたいグラビアアイドルの降臨だ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ