絶景Iカップ 未梨一花 1st写真集「手ブラの表紙にしたかった」隠す加減難しい

グラビア 公開日:2022/04/10 25
この記事を
クリップ

デビュー以来、圧倒的なパーフェクトボディと“乳圧”を感じるたっぷり100cm Iカップで魅了するグラビア界のトップランナー未梨一花。プロポーションの良さはもちろん、屈託のない明るい笑顔は“一緒に話してて楽しい”と業界内外のファンも多い。このほどデビュー3年にして、数多のグラビアアイドルが目標のひとつに掲げる“紙の写真集”、それもA4判ハードカバーの豪華装丁の1st写真集『花が咲いたら』(双葉社)を発売。リリースイベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。


ピンクのビキニで登場した未梨。笑顔とともにゆっさゆさしてるIカップに春の息吹を感じざるを得ない。「春らしいかなと思ってこの色を選びました。ちょっとテカテカしてます」と、光沢のある生地でセクシーを少々。念願の写真集を手に「ほんとうに(写真集を出すことが)憧れだったし、出来上がったものを手にするまでは実感がわかないくらい夢みたいに思ってました。今までにない嬉しさで言葉にならなかったです」と、感激もひとしおのようす。本作は今年1月に千葉で撮影、「冬のロケなので暗いトーンにならないように心掛けましたね。最初の写真集はできるだけ明るい感じにしたかったので、寒さを感じさせないように、“寒くない!”って言い聞かせながら頑張りました(笑)。1月の水って冷たいんですよ」と振り返った。


すべてがお気に入りカットという今作から敢えて選んでもらうと、黄色のビキニの写真を挙げ、「入れるか迷ったんですけど、ビキニのヒモをほどいて噛むって今まで撮ってなかったなって思いまして、撮ったときもふざけながらで記憶に残ってたので選びました」と話し、さらに一旦お気に入りカットに選びながら顔が遠かったため替えたが夕暮れの海のカットで、「衣装というか、ほぼ布を纏っただけで1月の海ですよ(笑)。最後は鳥肌立ってるし!寒い中陽が沈むのを待って撮ったおかげでいい写真が撮れました」と満足そうに笑顔をみせた。


表紙写真は大胆な手ブラが採用されたが、未梨自身は「写真集の表紙は手ブラにしたかった」と願っていたそう。「ファンの方からや友人、知人からもインパクトあるって言われましたね。レトロ柄のワンピースが表紙になったんですけど、ほかにも色々手ブラ写真撮ったなかで、これが選ばれるとは思いませんでした。片手手ブラって隠しすぎず、隠さなすぎずの加減がなかなか難しいんですよね」と、テクニックがいることを教えてくれた。また、実は撮影の半年前からウェスト周りを中心にトレーニングをしたそうで、「誰にも言ってないんです。伝わったかな…」と声を潜めながら告白。ちなみに現在は「撮影終わったら油断しちゃってたくさん食べちゃった」と照れ笑いした。


未梨は4月17日に、この写真集と連動した10作目のDVD『みりベスト』(双葉社)の発売が決定、それに伴うリリースイベントが5月29日(日)に開催されるので、こちらも詳細を楽しみにしていてほしい。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 27件)

関連タグ