おねえさんGカップの新星 南桃子、“大胆水着にワクワク” 艶っぽいくちびるで誘惑

グラビア 公開日:2022/04/09 35
この記事を
クリップ

国立大学を卒業後一部上場企業に勤務していた経歴を持つ新人グラドル南桃子。誰もが羨む安定路線から、25歳にして敢えて競争の激しいグラビア界に身を置くことを決心。元AKB48でグラビアでも人気を博す平田梨奈が在籍する事務所で、撮影会を中心に活動、その見ごたえのある165cm Gカップボディと、フリーアナウンサーの加藤綾子似の品の良さと聡明さで人気急上昇だ。そんな南が念願の1stDVD『綺麗なお姉さん』(竹書房)を発売。リリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


自身のSNSでも告知した“ドゥモア”のマイクロバンドゥビキニで登場した南。「最近のお気に入りであるドゥモアさんの水着です。最初は小さい水着って抵抗があったんですけど、撮影会とかを重ねるうちに可愛いなと思えてきてよく着ています」とにっこり。記念すべきデビューDVDは沖縄でロケを敢行。「衣装が9種類あるんですが、彼氏と旅先でいちゃいちゃする王道の作品です」と、彼女を知る上での名刺代わり的な作品だという。それにしてもファーストから大胆なV字水着や、穴あき競泳水着など、えちえち衣装のオンパレードでこちらが戸惑ってしまうが、「初めて着たんですけれど、グラビアの先輩方が着ていらっしゃるのを見て“可愛いな“と思っていたのですご嬉しかったです。衣装合わせのときに、こんなの着たら恥ずかしかなとは思ったんですが、ワクワクのほうが勝りましたね」と、早くも大物感が漂う発言も。


これまでのグラビアのイメージは“写真集”が強く、DVDは観たことがなかったという南。「事務所に入ってから観せてもらって、私がこれを撮るとなると、かなり恥ずかしいだろうなあって思ったんですが、いざ撮影が始まったらスイッチが入ったと言いますか、楽しく撮影ができました」と、スタッフの優しさもあり、満足のいく撮影だったようだが、自己採点は「87点」と少々辛め。「やっぱり先輩たちのDVDを観ているとまだまだだなあって思う反面、今できる精一杯の力は出せたな思い、とても良い作品に仕上がったので」と、自己分析もばっちり。社会人経験があるだけに質問の答えもしっかりしている印象だ。


チャームポイントを聞いてみると、「明るいところと、よく褒めていただくのは“くちびるがセクシーだね”って言われます。あと、永遠の憧れが峰不二子さんなので、自分もそうなれるように、バストもヒップも大きくなるように頑張っています」と意気込み、「この歳になってグラビアへのチャレンジは遅いかなって思うかもしれないんですけけど、いつでも訪れると思っているので、このチャンスと時間を大事にして将来は写真集を出したりとか、テレビに出たりとか、観たら“この子だ”って言ってもらえるような存在になりたいと思います」と目を輝かせた南。自身が輝くべく、憧れの世界へ飛び込んだ彼女の飛躍を見届けていきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ