グラドル×介護士×コンセプトカフェ店長 華麗なる三刀流 鈴原りこ、彼氏から過激な要求

グラビア 公開日:2022/04/03 12
この記事を
クリップ

グラビア活動のみならず、現役の介護士としても働き、さらにコンセプトカフェにも勤務という三刀流グラドルとし話題の鈴原りこが、10枚目となるDVD『鈴原りこVS仮想エロス』(エアーントロール)をリリース。発売イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。


昨年12月に宮古島で撮影された今作。作品の内容については「お忍びの不倫旅行をしています。今回の撮影のやり方もイメージDVDの撮り方というより、自然な感じの映像になっていますので、ちょっとリアリティーを楽しめるんじゃないかと思います」と説明した。おすすめのシーンにはジャケットにも使われている胸に絆創膏を貼っているだけのシーンを選び、「お風呂のシーンなんですよ。最初は胸のところに泡を付けているんですけど、その泡が流れると絆創膏を貼っている姿になっちゃっています。パッと見はニップレスのように見えますけどこれ絆創膏なんですよ」と明かした。今作は不倫相手に弄ばれることが多いそうで、「ベッドのシーンでは、お部屋で私が寝ているところに彼が襲ってきたりしました。ほかには海岸にある洞窟みたいなところに彼に連れ込まれるんですよ。神秘的できれいな場所なんですけど、ここでも弄ばれちゃっています。ほとんどのシーンで彼に弄ばれちゃっています」と話した。


今作が節目の10作目となったが、今後DVDでやってみたいことについて鈴原は「やり尽くした感はあるんですけど、今まで出した作品の中で楽しんでもらえたシーンをギュッとまとめたいです。過去の映像をまとめるのではなくて、そのシーンを新しくそのシーンを再現するかのようにして撮りたいです」とアピールした。


現在もタレント業以外に、介護の仕事やコンセプトカフェでの仕事もしているそうで「介護士の仕事も忙しいですね。コンセプトカフェでは店長に昇格しました。偉くなったわけではないですけど、頑張ってお店をまとめています」と語った。今後の目標については「今年6月に30歳になるので、今後やれることも限られてくると思うので、その中でやれることを探しつつ、自分に合ったことをやっていきたいです。結婚はまだ考えていないです。とにかく今の自分ができることがたくさんあるので、そういうことを考えて過ごしていきたいです」とコメントした。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

関連タグ