水崎綾女 10年ぶり写真集、解き放つ32歳 ナチュラルな色香

グラビア 公開日:2022/03/28 95
この記事を
クリップ

2017年、ヒロインを務めた映画『光』が第70回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞。2021年はドラマ『最愛』、また2022年4月から『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(ともにTBS系)に出演する、今注目の実力派女優 水崎綾女の10年ぶりの写真集『Ayame』(光文社刊)が4月5日に発売される。


沖縄のビーチやホテル、バーやスタジオなどさまざまなロケーションで、エキゾチックな美貌とグラマラスボディが楽しめる1冊だ。


<本人コメント>

今作での自分のテーマが“作ったセクシーはやらない”でした。

10代、20代のときはセクシーを演じているような感覚だったので、32歳の色気って何だろうと考えたときに、作り込まずにナチュラルに見せたいなと思い、撮影に挑みました。

22歳の時には表現出来なかった魅力がぎゅっと詰め込めた作品に仕上がったと思います。

イベントも10年ぶりでファンのみんなに会うのは緊張するけど、とても愉しみにしています。



【発売日】2022年4月5日(火) 

【定価】2800円+税 

【ページ数】144p

【書店イベント】4月10日(日)15時からブックファースト新宿店で開催予定

【正式タイトル】水崎綾女 写真集『Ayame』 

【版元】光文社


(C)光文社/週刊FLASH 写真◎ND CHOW 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ