“令和のハイレグプリンセス” 林田百加 初写真集、超大胆なハイレグ11種着こなす

グラビア 公開日:2022/03/26 38
この記事を
クリップ

話題沸騰中の現役女性大生グランドルで“令和のハイレグプリンセス”との異名をとる林田百加が26日、都内で1st写真集『ハイレグの国』(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


全編ハイレグで贈る同写真集。これまで見せたことのないギリギリの露出と攻め攻めの角度はグラビア業界を席巻しており、”ハイレグ旋風”を巻き起こし中の林田。妥協を許さない鋭角は、ファンならずとも必見の出来となっている。


初めての写真集を手にした感想を求められた林田は「大きいなと思いました(笑)。DVDはこの半分くらいのサイズなので、“自分でっかいな”と思いながら手に取りました」と声を弾ませ、念願の1冊かと思いきや「念願というよりは、個人的な意見としては“もう私出していいんですか?”みたいな感じが大きくて、初めてDVDを出してからまだ1年半しか経っていないですし、みなさんもっとキャリアを積んで出されているイメージだったので、“私、出していいんですか?”って感じです」と恐縮しつつ、「でも、1つの大きな目標だったので、すごく嬉しいです」と笑顔を見せた。


撮影は昨年11月に都内と千葉で行ったそうで「寒かったですね(笑)。外カットが意外と多くて、人を避けるように早朝に撮ったりしていたので、ガクブルしながら撮っていたんですけど、基本的にはいつもの撮影と変わらず楽しく撮影してきました」と回顧し、お気に入りには笑顔の写真を挙げ「私が決めきれていなくてマネージャーさんのお気に入りカットになっちゃったんですけど、特技をエナジースマイルというふうにしているので、実は笑顔のカットが本作は少ないイメージがある中で弾ける笑顔って感じがして好きです(笑)」と満面の笑みを浮かべた。


また、11着のハイレグを着用しているそうで、お気に入りの衣装を尋ねられると「逆ハイレグが好きなんですよ」と答え、「文字だけでは伝わらないかなと思うんですけど、普通のハイレグは体の前に逆三角形に布があるじゃないですか。逆ハイレグは逆で、体の前の逆三角形のところに布がなくて、手足に布があるスパイスーツみたいな感じの衣装がかっこよくて好きなんです」と報道陣の写真を見せながら紹介。あまりにも大胆な衣装に心配の声が上がると「マネージャーさんに1番心配された衣装なんですけど、私はノリノリで撮影してきました」といい、着心地については「伸びない素材なので着るのは大変なんですけど、かっこいい気分になれてる衣装です」と語った。


さらに、写真集を撮影するにあたってダイエットなどしたか聞かれると「ないです!DVDのときもそうなんですけど、基本的にはありのままを見ていただけたらなという意味もあって、あまり鍛えなかったです(笑)。そのままの私がいると思います」とアピール。そんな写真集に点数をつけるようお願いされると「65点」と辛口評価をし、「伸びしろがあるという意味での65点なんですけど、基本的には手に取っていただいた方に点数を決めていただきたいです」とコメント。加えて「個人的にはハイレグの入門書というか、ハイレグを普段知らない方にも手に取っていただいて楽しんでもらえる写真集かなと思っているので、「ハイレグ100点です」って言うと手に取りにくいかなというのもあって、伸びしろも含めて65点です」と説明した。


この春から大学4年生となり、卒業後は芸能活動をメインでやっていくそうで、今後やってみたいことを聞かれると「実はまだ単独で雑誌の表紙を飾ったことが少ないので、表紙を目標にしつつ、自分の目標である女優のお仕事だったり、最近だとラジオやバラエティに出演させていただくと好評で嬉しいので、そう言った部分にも力を伸ばして行けたらいいなと思います」と目を輝かせた。


最後に、この日着ていた水着の紹介を求められると「この作品の中で着る候補にあった衣装の1つなんですけど、せっかくなので着させていただきました」と明かし、ポイントを聞かれると「前から見たら普通のハイレグなんですけど後ろがガラ空きで、普通の競泳タイプじゃないハイレグな珍しいなと思って好きです」と笑顔を見せ、同写真集と並行して撮影したDVDも発売されるそうで「この写真集の中の私が動いていると言っても過言でもない作品になっています。11着中9着くらいDVDで使わせてもらっているんですけど、逆ハイレグは入ってないんです(笑)」と明かした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ