“トップオシリート” 凛々奏、鍛え抜いた103cmの国宝級桃尻に釘付け

グラビア 公開日:2022/03/25 109
この記事を
クリップ

自らを“トップオシリート”と名乗り、日夜、男性の視線を釘付けにするお尻の育成を目指しているいう凛々奏


コスホリックやコミックマーケットといった話題のイベントにも出演する人気コスプレイヤーだが、昨年11月に発表した衝撃の1stDVD『桃源郷』を引っ提げて一躍グラビアシーンに名乗りを上げた。デビュー作で高貴な顔立ちと103cmのド迫力ヒップをグラビアファンにアピールしたのは記憶に新しい。その衝撃も冷め止まぬ間に、2ndDVD『桃尻国宝』(竹書房)をリリース。歴代の美尻クイーンにも匹敵する自慢の桃尻を露わにしたのはもちろんのこと、デビュー作以上に大胆な姿を見せており、コアなグラビアファンも納得の出来栄えとなっている。


167cmと女性にしては高身長も、スリーサイズは上からB83・W64・H103(㎝)。特筆すべき点は、103㎝の数値からも分かる通り、巨大なヒップだ。ヒップの数値以上に、ウエストとのサイズ差が40cm近くあると聞けば、そのボリュームを実感できることだろう。お尻自慢のグラドルといえば、尻職人の倉持由香をはじめ、美尻クイーンの戸田れいなど、錚々たるメンツが挙げられる。凛々奏はそれら過去の美尻クイーンにも匹敵するポテンシャルを併せ持っており、このまま活躍を続ければ間違いなくグラドル史に名を残すグラドルになることだろう。そんな彼女の待望となる2ndDVD。冒頭から自慢のお尻がさく裂する。


車内のシーンで幕を明け、昼間にも関わらず脱ぎ脱ぎタイム。カメラが至近距離で凛々奏のお尻に肉薄する。室内に場所を移してもお尻にフィーチャー。露出の高いランジェリー風水着が巨大のお尻にマッチしており、近くでも見ても遠くから見てもその絶景に思わず見惚れてしまうことだろう。同シーンではメガネをかけるなど女教師をイメージしたシーンか。黒のランジェリー風水着姿となってバストを揉まれるなど、前半からこれまでにない激しさで視聴者を興奮の渦へと駆り立てている。王道ビーチではオレンジのビキニ姿で登場。映し出されたバックスタイルの美しさは何物にも代えがたい。こちらは彼氏と思われる男性とビーチではしゃぐシーン。四つん這いになった凛々奏のお尻をカメラが肉薄するなど、同シーンもお尻尽くしのオンパレードだ。お尻ばかりに目が行きがちだが、正面を向いたら砂ブラ姿の凛々奏が誘惑の目線をカメラに向ける。見えそうで見えないバストのトップに思わず視線が行ってしまう。


お風呂も同様にお尻を全面にフィーチャーしながら、泡ブラを見せるなどグラビアとしても楽しめるシーンだ。中盤からは過激さがエスカレートする。キッチンのシーンでは両手を拘束されての氷プレイ、朝ベッドではイケない行為を、ふんどしスタイルのシーンでは魅惑のマッサージが展開されるなど、怒涛のセクシータイムだ。


極めつけはお腹の辺りがガッツリと空いた競泳水着のシーンとデザインニップレスの夜ベッド。特に最後の夜ベッドはこれまでにない過激さを見せており、夜の雰囲気にマッチした最高のセクシーさでファンを興奮の世界へと駆り立てる。1stDVDも新人にしては極めてハードな出来栄えだったが、今作はそれ以上の乱れっぷり。お尻ファンはもちろん、すべてのグラビアファンに見てもらいたい、そんな作品だ。


凛々奏のリリースイベントは4月3日(日)18時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ