“ミニマムHカップ” RaMu、元気とえっちの振り幅が最強で“好き”になる件

グラビア 公開日:2022/03/23 32
この記事を
クリップ

148cmのミニマムボディから繰り出すHカップのむちむちおっぱい攻撃で、世の男性をばったばたなぎ倒す“勇者”RaMu。独特のキャラクターでオンリーワンな世界を創り上げる彼女は現在、27.5万人超のフォロワーを持つYouTuberとしても人気。グラビア界の常識や、あるあるなどを軽快に紹介したり、コーデやグラビアのメイキング動画など、同姓も興味津々の内容で多くのファンを虜にしている。そんなRaMuの最新DVD『転生したらRaMuだった件』(ラインコミュニケーションズ)が3月20日に発売された。


YouTubeの他にも、eスポーツ、MCと多彩に活躍する彼女の久々となるグラビアDVDは、朝起きたら彼氏とカラダが入れ替わってしまったことから始まる。「私はRaMuさんなわけでしょ?で、あなたはRaMuさんの彼氏なわけでしょ?あんまり激しいことはできないかもしれないけど、頑張ってあなたの彼女役やってみる!」。パジャマ姿の中身は彼氏のRaMuが誓う。ミニマムだが実に均整のとれたプロポーションにたわわに実ったHカップとボーイッシュな雰囲気がたまらない。白ランジェリーでの和室のシーンは、畳と下着のコントラストがエロすぎ。穴あき変形競泳水着でのシャワータイムは、自らソープを泡立て悩ましいポーズを取りながら、視線をくれる。寒空でのデートシーン、手作りのおにぎりを頬張り「やっぱおにぎりはうめえよねー」としみじみ味わったり、可愛くシャボン玉で遊んだりしたあとは、室内で脱ぎ脱ぎの時間。淡いピンクのランジェリーに展開し、むっちとした肉感を味わうと、お風呂へ。


制服姿の雪合戦もRaMuらしい弾け方で可愛い。外でのダッフルコート姿と、室内のベージュのカーディガンがリアルすぎて釘付けになる、さらに教室でランジェリー姿に。クラスにこんな明るくてえっちい子がいたら、学生生活がどんないか楽しかったことだろう。と思いを巡らす。体育館でブルマ姿での“一人体育祭”は、首でフラフープしたり、バッティングしたり、はちゃめちゃダンスをやったりの大はしゃぎ。「こんなに動けたらもう、なんでも出来る気がする。若いっていいね!!」と、昭和な決め台詞もRaMuらしくて好きだ。さらにスポブラ姿で、バスケットや野球、テニスをやりまくって走り回るRaMu嬢。躍動する筋肉が健康的、そしてぷるぷるのHカップは官能的だ。オイルてかてかのゴールドビキニでのダンスがまたセクシーでみどころだ。バイタリティ溢れるボーイッシュな魅力はもちろん、艶やかな大人の色気は今作で魅せた新境地。どこまでファンを虜にさせれば気が済むんだ!


RaMuのDVDリリースイベントは、4月2日(土)12時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定。事前チェックをお忘れなく。

<→★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★←>


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ