伊藤愛真、宮古島で弾けた1stDVD「私の理想のデートがとにかく詰まってます」

グラビア 公開日:2022/02/20 8
この記事を
クリップ

高校3年生の頃から東京ドームで売り子スタッフとして働いていたところ、2017年「可愛すぎるビールの売り子」としてブレイクした伊藤愛真待望の1st DVD『えまと南の島で突然○○してみたら…』(リバプール)DVD 発売記念イベントが、ソフマップAKIBAアミューズメント館で開催された。


「この衣装、さっき買ったんです!ホントは違うものを予定していたんですけど、店頭のマネキンが着ててカワイイ!と思ったので」と買いたてホヤホヤのキュートなワンピースに身を包み登場。


1st DVDの撮影について、「11月頃の宮古島で撮影したんですが、撮影は楽しくて旅行気分で挑めました。仕事感覚ではなく。遊んだ感覚で楽しめました!」とリラックスして臨めたことを語り、そんな作品の見どころについては「私の理想のデートが、とにかく詰まってます。私と付き合ったらこんなデートが待ってます!釣りが趣味なんですけど、海のシーンでは釣りもやらせて頂きました」とにっこり。お気に衣装に関しては、「プールのシーンの衣装がお気に入りです。黒でお腹の部分も空いていてセクシーなハイレグなんですけど、初めて着ました。ハイレグにはこんなに足長効果があるんだと実感し、お気に入りになりました」と初のハイレグに自信をのぞかせた。


グラビア1年生の伊藤、これからの展望を問われると、「グラビアまだまだ続けて行きたいです。自分の魅せたい部分やポーズがわかってきたところなので」と目を輝かせ、チャームポイントに関しては、「ウエストです。58センチなんですけど筋トレで作りました」と語り始め…、続けて驚きの告白も。


「高校3年生のころ、6年前は今より15キロ太ってたんです。そこから痩せるところだけ痩せ、残すところを残すという筋トレを頑張りました。猫背気味だったので背中を鍛えて、クビレを重点的に作りました。時期的にはビールの売り子を始める前ですね。当時のあだ名は、ベイマックスだったんです(笑)」と振り返り、記者陣を沸かせた。


最近では「歌」にも挑戦しているという伊藤、そんな彼女と“南の島で突然暮らしてみた”を体感できてしまうこの妄想DVD。是非手に取って見てはいかがだろうか。



タイトル:伊藤愛真「えまと南の島で突然○○してみたら...」

監督‏:舘野桂

時間‏:‎本編75分、特典6分

発売日:2022/1/28(金)

出演:伊藤愛真

販売元:リバプール株式会社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ