福岡が生んだハレンチコスプレイヤー 小鳥遊くれあ、フルスロットルなえちえちボディに悶絶

グラビア 公開日:2022/02/10 129
この記事を
クリップ

福岡のタレント事務所・エリシオンエンターテイメントに所属する小鳥遊くれあ。地元・福岡では圧倒的な人気を誇るコスプレイヤーで、2020年9月にリリースした1stDVD『はじめてのくれあ』で全国デビューし、以降は158cmの身長に上からB86・W62・H88というスリーサイズとHカップのバストでグラビアファンのハートをがっしりと鷲掴みにしている。その彼女が最新DVD『保育士のひみつ』(竹書房)をリリース。何を隠そう、小鳥遊は元保育士だとか。かつての姿を想像できるシーンや20年間続けていた日本舞踊も披露しており、内容的にも見どころが満載だ。


2020年9月発表の1stDVD『はじめてのくれあ』以降、リリースラッシュが続いている小鳥遊。しかもデビュー当時からセクシーさを全面に押し出すなど、新人とは思えない過激ぶりでグラビアファンを興奮させた。その過激さもリリースする度に衝撃度が増していき、懐の深さを感じずにはいられない。そんな小鳥遊の最新作で演じたキャラクターは、保育士という設定。かつては保育士だったといい、昔の姿を想像させてくれる。とはいえ、こんな保育士がいるはずもない過激なシーンのオンパレードだ。


冒頭のえちえち度満載の哺乳瓶飲みからスタートし、デザインニップレスを付けたままイケない行為を展開。シャワールームで泡ブラを見せてギリギリ感を演出したかと思えば、自宅ではローションまみれとなってマッサージ機を当てるなどグラビアDVDとは思えない過激な内容に胸の鼓動が激しくなってしまう。そして女王様のシーンでは「最高だろ?もっと悶えてみろよ」と上から目線。小鳥遊からそう言われたら、自然と悶てしまうのが自然の摂理だ。2つの飴を手にしたシーンも見逃せない。


飴舐めをした後は、2人の男性に羽根で悪戯されるなど複数プレイを思わせるシーンに興奮度も最高潮。スイッチが入ってしまったのか、小鳥遊も27歳の大人の仕草を見せて視聴者を興奮の世界へと導く。白のV字形水着を着たシーンでは、鏡にまたがるなど妄想が膨らむシーンを披露。小鳥遊のスタイルはもちろん、シーンや表情、さらには小道具に至るまでえちえち度が満載で、ファンの期待に十二分に応えてており、今作は見どころが尽きない。昨今は過激な内容のDVDをリリースしているグラドルも少なくないが、その分野で小鳥遊は間違いなくトップクラスだ。


小鳥遊のDVDリリースイベントは2月20日(日)18時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)