芹沢まりな、撮影前うっかり日焼けで大慌て「逆にエロい」の声にホッ

グラビア 公開日:2022/02/05 15
この記事を
クリップ

イイ女感とキュートさを兼ね備え、ラウンドガールやバラエティ番組で人気を集める芹沢まりなが5日、都内でイメージDVD『お願いセリちゃん』(竹書房)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身2作目のイメージ作品となる今作を手にした芹沢は「昨年10月に沖縄で撮影したんですけど暑くて、私は晴れ女なのか、3日間ともめちゃくちゃ晴れていましたし、海も青くてきれいで最高でした。夏を味わいました」と声を弾ませた。彼氏と沖縄旅行に行くというストーリーが展開されるそうで「私が朝、ベッドで起こして、お出かけする流れから、お願いされて洗車をしてあげたり、私が彼氏にお願いすることも多々ありますし、最後のベッドのシーンでは攻めている感じになっています」と説明。


具体的にシーンの紹介を求められると「今回はハイレグを2着着ていて、1着目はスクール水着のタイプで首が詰まっているんですけどセクシーで、もう1着は水色のレオタードなんですけど、長袖なので腕の長さがより強調して見えたり、お尻の日焼けがめちゃくちゃよく見えるので、この2つのハイレグはオススメです」とアピールし、「海で着た水着の胸の部分は極小サイズになっていて、お尻も日焼けが見えるくらい小さめです。朝ベッドのシーンもお尻の日焼けが見えて、フリフリしていてかわいい水着になっています。洗車のシーンではデニムのスカートを穿いているんですけど、けっこう短いのでチラチラとお尻とかが見えると思います。最後のベッドのシーンでは、よりお尻がきれいに見える衣装になっていて、ガーターも穿いているのでセクシーに見えると思います」と紹介した。


また、もっともセクシーに仕上がっているシーンを聞かれると「やっぱり最後の黒い下着のシーンですね。このシーンはポージングだったり表情だったり、けっこう攻めているんですけど、普段、私は明るくて元気なので、普段見せない顔を見せるのが恥ずかしかったですね」と吐露し、全体的にお尻の日焼け跡が目立つ仕上がりとなっていたが、日焼けは意図したものなのか追求されると「実は、8月か9月に友だちと海に行ったんですけど、そのときにうつ伏せで寝っ転がっていたらめちゃくちゃ日焼けしちゃって、“ヤバい…DVDの撮影があるぞ。怒られるな…”って思ったんですけど、制作の方とお話ししたときに「逆にエロくていいよ」って感じになって助かりました(笑)」と胸を撫で下ろした。


そんな本作について「今回も衣装が攻めているので98点」と自己採点した芹沢は、グラビアでの今後の目標を尋ねられると「カレンダーや写真集を出すことがグラビアでの目標です。あとは25歳ということで、大人の魅力のある女性を目指していって、それをグラビアで出していけたらいいなと思います」と意気込みを語った。


さらに、今年のバレンタインの予定を聞かれた芹沢は「ないですね。ファンの方に何か作ってあげたいですよね。今の時期、難しいかもしれないんですけど、何かあげられたらいいですね」と答え、バレンタインデーの思い出を追求されると「幼稚園のときに好きだった男の先生に、茶色の折り紙をハートの形に折って「将来、結婚してください」って渡した思い出があります。それが初恋だったのでよく覚えています」と打ち明けた。


最後に、この日の水着のポイントを尋ねられると「このDVDでワンピースのハイレグを2着着ていたので、ワンピースにしたんですけど、その中でセクシーさを出すんだったらちょっと透けている部分だったり、でもかわいさとかもほしいのでフリフリがついているというところがポイントです」と笑顔で語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 21件)

関連タグ