トロたん、朝比奈祐未から譲り受けたマイクロビキニ披露「お尻の面積が小さくて慌てました」

グラビア 公開日:2022/02/05 28
この記事を
クリップ

爆乳コスプレイヤーのトロたんが5日、都内でイメージDVD『トロたんVS仮想エロス』(エアーコントロール)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


トロたんにとって8作目のイメージ作品となる今作は、昨年夏に長野県で撮影したそうで「長野県は好きな県のトップ3に入るので、好きなところで撮れるというのはテンションが上がりますね」と嬉しそうに語り、「オムニバスでいろんなシチュエーションがあるんですけど、お隣さんにえっちなことをしているのを覗かれる人妻とか、温泉宿の仲居さんと従業員の秘密の恋みたいな物や、不倫旅行みたいな設定でのプールのシーンなど、盛りだくさんな内容になっています」と紹介。


中でもセクシーなシーンを尋ねられると「仲居さんの格好のまま、触られたり脱がされていったんですけど、個人的にリアルな職業の格好のままやられるのは初で、実際のホテルのお土産屋さんを貸していただいて、本当のお客さんがレジに持って来ちゃうんじゃないかってドキドキ感を味わいながら撮影したシーンです」と紹介し、「リアルに接客している風なシーンを撮ってもらって、そのまま別の場所で脱がされるみたいなシチュエーションだったので、職業体験のまま脱がされていく感じがリアルで、本当にありそうでえっちな感じがしました(笑)」と照れ笑いを浮かべた。


他には、「競泳水着でポロリしちゃうこともあったんですけど、温泉じゃなくてプールで、周りの目がありそうな状態で水に濡れているというのはえっちでしたね」と語り、セクシー系のシーンが多いと指摘されると「えっち系が多いですね。だいぶ大人になりましたので(笑)」と笑顔で語った。


近況を聞かれると「最近は狩猟に興味があって、鹿を捕ってみたいなと思っています。近年、ずっと興味があって、今年はコロナの影響で動けていなかったんですけど、ちゃんと動けたらなと思います」と目を輝かせ、「(狩猟に関する)免許も取りたいんですけど、何種類かあるみたいなので、まずは取りやすいところから取っていって、狩猟についていくという経験を今年はしてみたいなと思っています。本当は捌くところまでやってみたいです」とコメント。


さらに、1人旅も好きだそうで「コロナ禍で旅行は表立って行けていないんですけど、厳島神社に1人で行ったり、長野県の南アルプスに1週間くらい行って、廃村を提供してくれるNPO法人の方に泊めさせてもらったりしていました」と打ち明け、報道陣を驚かせた。最後に、この着ていた水着の紹介を求められると「朝比奈(祐未)さんからいただいた水着で、お尻の面積が小さくて慌てました(笑)」と恥ずかしそうに答えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)