“爆乳高気圧” 未梨一花、Oフロント競泳水着に驚嘆「もうギリギリ」

グラビア 公開日:2022/01/30 27
この記事を
クリップ

100cmのハリのあるバストは、誰が言ったか「爆乳高気圧」。屈託のない明るさと、周りに元気を与える笑顔で、まさに雲一つ無い“ピーカン”美女 未莉一花。端正な顔立ちながらやることは大胆。自分の武器を華麗に操り、その爆乳の“乳圧”をいかんなく見せつけられ、骨抜きになった貴兄は数多だ。そんな未梨の9thDVD『無垢な彼女の育て方』(ギルド)のリリースイベントが秋葉原・ソフマップで、彼女にとって初めとなる「4月始まりカレンダー」のイベントが秋葉原・書泉ブックタワーでそれぞれ開催され、合同の囲み取材が行われた。


「今まであまり着たことのない柄ものの水着にしました」と、ペイズリー風の模様が大人っぽさを醸すビキニで登場した未梨。タイトルにもなっている“無垢”という言葉の意味を知らなかったという未梨だが、「今回は地味なOLが、プライベートではすごい大胆な女のコという設定で、好きな会社の先輩にアピールするって内容です。制服が2パターンあるのがおすすめですね」と説明。「あとはボンデージ着たの初めてだったので、個人的に好きでした」とにっこり。


もっともセクシーなのが競泳水着だと即答、穴あき競泳水着が進化したOフロントのネオタイプで、「これTwitterでもバズったんですよ。私は着てて苦しいんで競泳水着好きじゃないんですけど、今までの競泳水着の中で一番小さかったです。おっぱいもぎりぎりでちょっと動いてもずれちゃうので、上手いこと押さえながら撮ったりして(笑)」と笑顔をみせた。さらにDVDの撮影時と撮り下ろしを織り交ぜた「4月はじまりカレンダー」について、「今まで卓上のはあったのですが、壁掛けは初めてなんです。いつも見えるとことに飾ってください」とアピールした。


来月23歳になる未梨だが、「グラビアとして段階が変わってきている感覚が自分の中にもあるので、どんどん新しいことに挑戦していきたいですね。グラビアもそうですが、今までバラエティー番組にほとんど出たこがないので目指したいし、お芝居もやっていきたいし、今までとは違う年になればなと思っています」と意気込みをみせた。2022年は進化を遂げた“ネオ未梨一花”が爆誕しそうな気配だ。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 25件)

関連タグ