“干物グラビア” 吉野七宝実、デザインニップレス解禁「真ん中が七色に光るんです」

グラビア 公開日:2022/01/23 37
この記事を
クリップ

自宅の浴室におびただしい数の魚の干物を干し、そこでセクシーポーズをキメている画像がバズり、一躍「干物グラドル」として脚光を浴びた吉野七宝実


グラビアファンなら吉野が釣り好きであることは知られているが、それが全国区になったのは『アウト×デラックス』(フジテレビ)に出演したからだろう。自分の釣った旬な魚をパートナーとしてセクシーグラビアを撮影し、カレンダーを製作するという企画が大当たりしたのも記憶に新しい。そんな“志保みん”の7枚目となるDVD『OUT』(スパイスビジュアル)のリリースイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


「寅年なんでトラ柄の水着を探したんですが、よくみたら豹でした」とさらり。しかし吉野のプレシャスなプロポーションには豹柄がよく似合っている。今作は沖縄ロケの予定が、台風の影響で急遽都内と、千葉・御宿で撮影された。「地元の近くだったのでちょっとテンション上がりましたね」とにっこり。


内容の紹介の前にジャケット写真となっているデザインニップレスのことについて話した吉野。「デザインニップレス初めてしたんですけど、これ真ん中が七色に光るんですよ(笑)。恥ずかしいより“おもしろ”でした。これはさすがに誰もやってないと思いますよ」と振り返った。さまざまなシチュエーションとえっちな衣装を纏ったしほみんの肢体が艶やかな1枚。「旦那の上司だか友達がやってきて、旦那の寝てるうちに不倫とか、ショタコンのおねえさんとか、メイドさんかな。全部で4つだったと思います」と説明。


吉野は釣具のブランドに続いて釣りのアパレルブランド「BOMUL」を立ち上げた。ユニセックスでカジュアルで可愛い服で釣りを楽しむというのがウリで、このブランドの売上を資金に、本格的な釣りのYouTube番組を作りたいと意気込んでいる。釣りとグラビアの二刀流で2022年も活動の幅を広げて行くしほみんに声援を贈りたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ