網走が生んだ“流氷バスト” 四葉杏果、Jカップの破壊力はグラビア界屈指

グラビア 公開日:2022/01/20 43
この記事を
クリップ

北海道網走市出身の四葉杏果(よつは・ももか)は、テレビ朝日系の人気バラエティ番組『ロンドンハーツ』に出演することを目標に地元の網走から上京。晴れて2014年にグラビアアイドルとしてデビューを果たし、幾度となく改名して現在の芸名に落ち着き、2019年7月には「第2回ミス週刊実話WJガールオーディション」でグランプリ最優秀賞を獲得した。以降も100cmを誇るJカップのバストが大暴れし、グラドルファンのみならず世の男性を魅了してやまない。その彼女が最新DVD『みせてあげる!!』(スパイスビジュアル)をリリース。限界ギリギリの露出に挑むなど、グラドル界屈指のポテンシャルを持つ彼女が本領を発揮している。


161cmの身長にスリーサイズは上からB100・W61・H90(cm)。北の大地・網走で育まれたダイナマイトボディと自慢のJカップバストは、グラドル界でも屈指の破壊力だ。見栄えがするそのスタイルは、見ていて惚れ惚れしてしまう。そんな魅惑のボディを誇る彼女の最新作は、自慢のプロポーションを存分に満喫できるラインナップ。前作『グラドルと海外旅行in韓国』では四葉と韓国を訪れ、ホテルの部屋で同じ空間を共有できるというというシチェーションが展開されたが、今作は女子高生に扮した四葉がオジサマとエッチな行為を展開されるというストーリー仕立て。しかもショートカットにして初めての作品で撮影前はダイエットなど体作りをしてから臨むなど、これまで以上に意欲を見せた内容になっている。


冒頭では制服姿の四葉が登場。「オジサマはエッチなんですね♪」と囁きながらワイシャツのボタンを外してJカップの谷間を見せつける。場所が野外にも関わらず脱ぎ脱ぎタイムがスタート。水着も幅が狭いチューブトップ水着を着用するなど、露出的にも楽しめるシーンだ。車内に場所を移すと、四葉にカメラが急接近。ただでさえ迫力があるJカップボディが、さらにカメラが急接近すればその破壊力は倍増し、見ているこちら側が押しつぶされそうな勢いだ。画面いっぱいに映し出されるJカップの迫力は圧巻の一言である。胸を揺らしながら見せたキャンディー舐めも見逃せない。


眼帯水着を着用したシーンではローションを塗りながら擬似的シーンも。黒いソファーでは最初にスポーティーな衣装を着用するも、最終的にT字水着という露出の高い水着を着て自慢のスタイルを見せつけている。和室のシーンではオープンブラとランジェリー風水着の重ね着で大人っぽさを演出。メイクも派手めで女子高生とは思えない仕草と揺れまくるJカップに視線が釘付けだ。テント内では激しいソーセージ舐め、ラストを飾る和室のシーンではマヨネーズを身体に塗りまくって擬似的なシーンを展開。さらにセクシーなダンスを見せたり自身でバストを揉みしだくなど興奮度の高いシーンを見せている。


四葉のDVD発売記念イベントは、1月30日(日)14時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催予定。新型コロナウィルス感染拡大の折、直前のチェックをお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ