“令和のハイレグプリンセス”林田百加、純白セーラーハイレグの神々しさ

グラビア 公開日:2022/01/16 26
この記事を
クリップ

“令和のハイレグプリンセス”の異名を持ち、どんなハイレグでも着こなし、多くのファンを魅了する林田百加が、4枚目となるDVD&Blu-ray『ふりむいて!もか先生』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。発売記念イベントを秋葉原・ソフマップで開催した。


イベントにはセーラー服をモチーフにしたハイレグで登場。「作品の中でも着ているんですけど、こういう制服風のハイレグって珍しいので、セーラー服とはちょっと違って、こちらもかわいく仕上がっています」と紹介。今作は8 月に宮古島で撮影、「一番暑い時期の宮古島に初めて行ったんですよ。撮影はみんな暑くて死にそうになりながら撮影しました」と振り返った。作品の内容について聞かれると「もか先生がみなさんに授業をしながらイチャイチャしています。観てくれている人が生徒になった気持ちになってほしいです」と説明。どんなシーンがあるのか聞かれると「水泳の授業のシーンがあるんですよ。このときにハイレグの競泳水着を着ているんですけど、ハイレグの角度を大きい分度器で図ったんですよ。ちなみに角度は71度でした。かなりインパクトのある図り方をしました」と明かした。


おすすめのシーンについては「青いボーダーの三角ビキニを着て海でダンスの授業をするんですよ。今まで海でダンスを踊ったこともなくて、踊りながら砂浜に足を取られちゃって大変でした。そんなシーンを見届けてほしいです」と話した。セクシーなシーンを聞かれると「いつも撮影でセクシーを意識していないんですよ。強いて言えば、ベッドに横たわって体にタオルを巻いて、そのタオルを手で押さえているだけなので、こういうシーンは初めてだったので、衣装的には一番露出度が高いんじゃないかと思います」と紹介した。


現在20歳の林田だが、自分の年齢を超えた設定に挑戦したことについて尋ねられると「先生って自分の年齢より上なのでそういうのが初めてで、どんな風にしたら先生に見えるかと考えました。子供っぽく見られるとが多いので、なんとか大人チックに見えるように頑張りました」とコメント。


今作では悪魔のコスプレに挑戦したそうだが「最初はジャージを着ているんですけど、脱いだら黒いセクシーなボンデージ風の衣装になっています。コスプレとか初めてやったので、個人的にカチューシャを付けたり提案したりして、ノリノリで撮影できました」と振り返った。コスプレが楽しかったそうで、もし機会があればまたコスプレに挑戦したいという林田。「アニメの『ワンピース』が大好きで、ハンコックというキャラのコスプレをしたいです。まだ私にはプロポーションがたりないので、いつかやってみたいです」と目を輝かせた。


昨年末には『クラビア・オフ・ザイヤー2021』でネクスト・ブレイク賞を獲得した林田は「とてもありがたいですし、私でいいのかと思った面もありましたけど、この賞を獲ったからには今年ブレイクしなきゃですよね。「あっネクストじゃなかったんだ」となっちゃうといけないので、今年いっぱい頑張ります」と力を込めた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ