イエローキャブ期待の星 渕上ひかる、1stDVDからセクシー&ビューティー全開

グラビア 公開日:2021/12/29 41
この記事を
クリップ

2017年放送の『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)、2019年公開の映画『愛唄-約束のナクヒト-』などに出演したこともある渕上ひかるは、新生イエローキャブに所属している期待のグラビアアイドル。


2021年には『ミスヤングチャンピオン2021』でファイナリスト、さらにはデジタル写真集などを発売するなど多くのグラドルファンにその存在を知らしめた。その彼女が待望の1stDVD『お姉さん先生』(竹書房)をリリース。かつてはハンドボールの選手としてインターハイなどの大会に出場経験があるという彼女が、鍛え抜いた自慢のスタイルを大胆に見せている。


162cmの身長にスリーサイズは上からB82・W62・H84(cm)。ハンドボールで鍛えたボディは秀逸だ。タイプ的にはスレンダーに分類されるが、数字以上にメリハリがあり、トータルバランスは並み居るグラドルの中でもトップレベルにある。その彼女が初めてのDVDでえちえちな先生役を熱演。雰囲気も素敵なお姉さんタイプなだけに、キャラクター的にも絶妙にマッチしている。まずは野外で生徒と水遊び。短いタンクトップにデニムのショートパンツという衣装でスタイルの良さを際立たせている。その流れで車内に場所を移せば、カメラが至近距離で渕上にズームイン。生徒を前にしてセクシーショーのスタートだ。優しく語りかける表情が何とも色っぽい。教室では白シャツに黒のミニスカートという女教師スタイルで登場。スタイルが抜群なだけに、女教師スタイルも絶妙にマッチしている。同シーンでは衣装が開けて教室だというのにあるまじき行為を連発。胸の谷間にメガネを挟むなど、妄想が膨らむシーンを見せてくれる。


野外のプールでは水着を手で浮かすなど限界ギリギリのシーンも。さらに体育館ではマイクロビキニを着用してハンドボールを披露する。お風呂では生徒と洗いあいっこ。生徒というより恋人同士に近い親近感で生徒に触れ合うなど、こちらも見どころが満載だ。部屋でのシーンも見逃せない。最初はセクシーなワンピースも、最終的にはランジェリー水着へと展開。そして制服に着替えるとマッサージが始まり、思わず気持ちよくなったのか喜悦の声が部屋中に響き渡る。そしてランジェリー姿で挑んだベッドのシーンでは、これまでにないセクシーな仕草を見せ、お色気ムンムンで生徒を誘惑。カメラを見つめる大人の表情に黒の下着風水着がマッチしており、今作最大のハイライトと言える。渕上にとって今作は初めてのグラビアDVDだが、演技経験もあるだけにセリフや演技も自然そのもの。加えてハンドボールで鍛え抜いたボディも露出が多く、見どころは尽きない。新人としては極めて完成度が高い作品だが、次回作が今から待ち遠しい限りだ。


渕上のDVD発売記念イベントは2022年1月9日(日)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ