霧島聖子が七変化、ジャケ写のハイレグ具合に照れ笑い「えっちだなー」

グラビア 公開日:2021/12/27 45
この記事を
クリップ

史上最強と言われた『ミスFLASH2021』のグランプリとして、まもなくその任期を終えようとしている霧島聖子。サーキットでは常に人気の花形レースクイーンだが、それに甘んじることなくグラビア界へ果敢に挑戦。大人の魅力と可愛さを併せ持ち、スタイルは抜群の高嶺の花と思いきや、自身では“陰キャでオタク体質”と分析、妄想するのが大好きという、親しみやすいキャラでその指示は広く不動だ。そんな霧島の4thDVD『misty love』(ギルド)が12月23日に発売され、リリースイベントが26日、秋葉原・ソフマップで開催された。


「遅れて来たサンタさんです!今年撮影会でサンタコスチュームを着ることは多かったのですが、水着でのサンタさんは今まで着たことがなかったので、クリスマス過ぎちゃいましたけど着てきました。目覚めるとセクシーなサンタさんがいて、“おはよ。よく眠れた?私がプレゼントよ♡”て登場したいな」と、早くも妄想を膨らませている霧島。


4枚目となる今作もチャプタごとにさまざまなシチュエーションの“せいこっこ”が堪能できる内容。特に本人が切望したシチュエーションが、ウェディングとメイドだそう。「ウェディングは背表紙にもなっています。私、レースとかひらひらしたもの大好きなでずっとやってみたかったんです。あとメイドさんはずっと憧れを持っていて、今まで着る機会がなかったので是非にと強く要望しました。私、コスプレに関してのこだわりがすごくて、チープなのは絶対着たくなかったんですよ。DVDのメイドさんだとて、生地もちゃんとしたのが良いです!って言いましたら、スタイリストさんが本当に可愛い、セパレートタイプの水着みたいなのを用意してくださって、めちゃくちゃ理想通りに叶って嬉しかったです」と、“せいこっこのこだわり”を熱弁した。


さらにそのメイド服で料理をするシーンがあったそうで、「メイドさんと言えばオムライスでしょ!って言っちゃったんですけでど、じゃあ、実際作っていただきましょうってなって、私オムライスとオムレツが一番苦手で(笑)、カレーライスって言えば良かったあ!って後悔しましたねー。出来上がった“カピカピ”のオムライスに“おいしくなーれ、萌え萌えキュン♡”って一応やりました」と振り返った。


撮影会でも競泳水着の人気が高い霧島だが、今作もハイレグと入れたいということでレオタードを着用し、ジャケットに採用されている。「これハイレグ具合すごくないですか?ジャケット公開の時からファンの方の反応も良くて。“さらにえっちになったね“って感じで言われましたし、自分で言うのもなんですけど、ヤバくないですか??」と恥ずかしそう。その食い込み具合を「これね」と女性マネージャーにあらためて確認してもらいコメントを求めたり、あたふたして可愛かったが、「これでOK出たんだ。えっちだなと思いました♡」と照れまくっていた。


2021年は何と言っても『ミスFLASH』として活動した忘れられない年。「ミスFLASHがきっかけでグラビア活動もすることができて、いろんな雑誌に撮り下ろしでグラビアを載せていただくことができて、自分の願いがまたひとつ叶った年でした。来年はミスFLASHを卒業してしまうのですが、グラビアでどんどん活躍して、また『週刊FLASH』さんのグラビアに戻ってこれるようにしたいですし、もちろんほかの雑誌でも撮り下ろしでグラビアを飾れるように頑張りたいと思います」と力を込めた。


1月25日は『ミスFLASH2021』の写真集『Party Sisters』が発売、リリースイベントが1月29日に神保町・書泉グランデで開催される。さらに2022年3月にはトレーディングカードも発売される。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 31件)

関連タグ