「国民的グラドルコンテスト」ファイナリスト決定、初代グランプリへ最終決戦

グラビア 公開日:2021/12/20 23
この記事を
クリップ

新オーディション「国民的グラドルコンテスト」の決勝進出者8名が決定し、お披露目会見が都内で開催された。


次世代の誌面、WEBサイトを飾る国民的グラドルを発掘すべく、小学館(週刊ポスト編集部、sabra net編集部)、竹書房と芸能事務所リップがタッグを組み開催され、“エロスの女王”森咲智美もアツい声援を贈って熱戦が繰り広げられたが17日、決勝進出者の8名に蒼野杏今田希椚まいか後藤ひなの仲村まひろ成海春花能守由逢桃々さやが決まったことが解禁、20日には桃々さやを除く7名が会見に臨んだ。


各々の勝負ビキニを纏った7名は少々緊張した面持ちで登場、1月16日までのファイナル期間に向け意気込みを語った。事務所移籍を機に高杉杏から蒼野杏に改名し、sherbetの妹分ユニットsherbetNEOに所属、ラウンドガール「3150ガールズ」としても活躍している蒼野は「決勝戦に進めたは光栄ですがここからが本番なので、自分自身も努力し、ファンの方々にも協力してもらってグランプリを目指します」と意気込み、名古屋発アイドルグループdelaでグラビア班として奮闘してしている今田希と後藤ひなのも揃ってファイナルに進出。今田は「今年デビューしたばっかりでまさかこんなファイナリストに選ばれるとは思ってなかったのですが、ファンの方と二人三脚で頑張って行きたいと思います!」と力を込めると、後藤は「グラビアを初めて1年も経っていないのですが、ファイナリストに残ることができて本当にファンのおかげだと思っています。ウリはロリクールという対照的な面をどちらも持ち合わせたパーフェクトな魅力を持っています」とメッセージを贈った。グランプリは1名ということだが「そこは勝負なのでね」と今田。さらに「お互いサバサバした性格なので大丈夫ですよね」と後藤に意思確認していた。


8月にアイドルグループMELTの加入し、「ブリッジ芸人」として人気TikTokerの一面も持つ椚(くぬぎ)まいかは「ファンの方たちやTikTokで見つけてくれた人たちのおかげでファイナリストに残ることができました。わがままを言うならグランプリ獲りたいです」と意気込んだ。TikTokでランウェイを歩く動画を上げ、「オチ付けろよ」の一言でとっさにやった“ブリッジ“がバズったという彼女。新世代グラドルとしての期待が持てる。バトン競技で9度の日本一を誇る仲村は、早速華麗なバトンさばきを見せたあと「私はこの中では最年長でおっぱいも最小なんです!そのせいで今までDVDを2枚しか出せていません!絶対グランプリを獲って貧乳の地位を上げます」と、“ちっぱい”の地位向上を高らかに宣言した。


成海はまだグラビアを初めて1ヶ月。現役の保育園に常駐する看護師として働いている。「たくさんの人を癒やしたいという気持ちとグランプリを獲るという気持ちをファン方々といっしょに共有してがんばります」と意気込んだ。三段跳びで全国大会に出場経験があるという成海。助走無しでの三段跳びを披露し、一瞬でアスリートの顔になる精悍さもみせた。アイドルグループCHERRY GIRLS PROJECT のメンバーで10月にデビューしたばかりの能守は、「失礼いたします」と中央に進むと「こんなに早くファンのみなさんのおかげで決勝に残ることができました。ここまで来たからにはグランプリを獲って、グループと私の知名度を上げて“売れたーい!”よろしくお願いします」と挨拶。プロフィールでは83cmというバストサイズだが、前屈みポーズでは実に“ご立派“なたわわサイズで記者陣の視線を奪った能守。アルバイトでうどん屋とラーメン屋で“湯切り”を極めたと言い、“セクシー湯切り”なる特技を披露。またトークから「この湯切りはうどんかラーメンかどっち?」という難問クイズが生み出され、称賛を浴びていた。


個性派が揃った「国民的グラドルコンテスト」の8名にファイナリスト、2022年1月末にはこの中から初代グランプリが決定する。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 26件)