鈴木ふみ奈 11年連続カレンダー発売「2022年は運気が上がるような明るいテイスト」

グラビア 公開日:2021/12/20 24
この記事を
クリップ

グラビアデビュー11年、今もなおグラビアアイドルのトップランナーとして君臨し続ける鈴木ふみ奈。その不動の人気を裏付けるのが、デビュー年から途切れることなく発売されているカレンダーの発売だ。


デビュー数年を要して、初めてのカレンダー発売というのがほとんどで、写真集発売をひとつの目標にするグラビアアイドル多いが、B2サイズのカレンダーを年末に出すということも目標として掲げられている。それを11年連続で発売するというのは偉業というほかにない。「2022年カレンダー」(わくわく製作所)も無事に発売され記録を更新、リリースイベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。


赤いビキニのセクシーな“ふみサンタ”で登場した鈴木。さすが“胸とおしりの二刀流”、ゆさゆさのむちむち。「記者のみなさんは見飽きたと思うんですけど、今年はまだお見せできていないので着てきましたー」と、メディアにもちゃんと気を配る“ふみにゃん”にみんな笑顔に。


「今年のカレンダーは、飾ると運気が上がるような、明るいテイストで撮っています。ポスターのみセクシーにエロい感じになってます」とにっこり。2022年版は雑誌などでグラビアを撮り続ける人気カメラマンの細居幸次郎しが撮影し、都内のスタジオ2箇所で撮り下ろされた。「すごくナチュラルに撮ってくださるカメラマンさんで、現場の雰囲気が温まるまで適当に撮り始めないというか、しっかりコミュニケーションを取って、良い写真が撮れそうだなってタイミングから撮られる方なんです。なんかこういう撮られ方好きかもって思いました」と、尊敬したというエピソードを話した。


全部お気に入りカットという中から敢えて選んだのが11月・12月のショットで、「全体的に暖色で明るいんですけど、表情とかボディラインとかセクシーな雰囲気もしっかりあってバランスの良い写真だなと思って」と説明。さらに本物のバイクに跨ったセクシーなショットも挙げ、「けっこう小さめな水着のバックショットなんですが、おしりのラインもよく見えてカッコいい感じで、まさに運気が上がりそうじゃないですか!(笑)」とアピール。そして恒例の飾ってほしい場所を聞いてみると、「毎日絶対目が合う場所が良いな。仕事で疲れて帰って来た時に目が合って“ストレスなくなったー”とか、今日は頑張らなきゃいけない日にも“よし!”って気合入ってくれたらいいなって思います」と力を込めた。


残り10日余りとなり、2021年を振り返った鈴木は「新しい写真集を出せたり、NFTの写真展をグラビア界で初めて挑戦させていただいたり、今月25日には園子温監督の『エッシャー通りの赤いポスト』も公開になりますし、来年公開のボクシング映画にオーディションでしっかり役を勝ち取ることができたり、実りの多い年だったと思います。来年も女優業に関してもさらなるパワーアップをして、グラビアは、写真集とカレンダーともにセルフプロデュースという基盤ができたので、自分発信をもっと増やしていきたいです」と、12年目への視界も良好のようだ。ちなみに今年を漢字1字で表してもらうと「個」という返答が。「私、いろんな人にけっこう気を使いがちだったんですが、ようやく11年目にして自分の個性をもっと出していきたいって思った年なので」と話してくれた。2022年も“ふみにゃん”から目が離せない。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 31件)

関連タグ