“ミニマムグラドル界に逸材” 147cm 木更かのん、大胆なメイド服にドギマギ

グラビア 公開日:2021/12/16 68
この記事を
クリップ

数多いるグラドルの中で、今や一大グループを形成しつつある低身長の女の子たち。代表的なグラドルといえば2次元ロリ巨乳の天木じゅん、RAIZAPのCMで話題の”わっち”こと和地つかさ、戦慄の変顔で話題のRaMu(いずれも148cm)などがあげられる。そんな低身長グラドル界に新たな逸材が登場。すでに撮影会などで人気を博しているという木更かのんが、1stDVD『ピュア・スマイル』(竹書房)をリリースした。


147cmの身長にスリーサイズは上からB83・W56・H81(cm)。バストは前述した3人の低身長巨乳トリオには及ばないものの、確かな膨らみのあるDカップを誇る。他のグラドルに比べて小さいとイメージされるかもしれないが、身長が低くウエストが細いせいか、相対的に大きく見え、意外と豊かな膨らみと谷間に視線が釘付けだ。今作では水着姿で縄跳びをしているが、上下左右にバストが乱高下。その揺れ具合は悩ましいものがある。スタイル的にはスレンダーに分類される木更。クビレた腰つきも悩ましく、身体全体から瑞々しさも感じられる。グラドルとして申し分のないスタイルで、年齢を重ねていく内に身体からも艶やかさも出てくるだけに、今後の成長に期待したい。そんな彼女のデビュー作だが、木更の魅力をたっぷりと凝縮した内容だ。


愛らしい天使のようなルックスから想像できるキュートさで視聴者を誘惑する。朝ベッドでスタートし、いきなり「チューしよう♪」と小悪魔の囁き。谷間を見せながらカメラに向けた笑顔にドギマギすることだろう。同シーンでは衣装を開けさせながらバランスボールに興じかと思えば、大人っぽい表情で手ブラ的なシーンも。冒頭から一瞬たりとも見逃せない。競泳水着のシーンでもキュートさとセクシーさを織り交ぜ、ハイレグ水着を着用した室内のシーンでは自慢のスタイルを強調。テニスや縄跳びのシーンを挟み、チューブトップ水着を着用したお風呂のシーンでは張りのあるバスとヒップはもちろん、ムーディーな雰囲気でプライベート感もバッチリだ。今作では制服やメイドといったコスプレ姿も披露している。特に後者は見どころで、すべての男性が求めるであろうメイドスタイルに興奮すること間違いなし。マッサージのシーンを経て繰り広げられる夜ベッドも見どころで、マッサージのシーンで見せたキュートさから一転してアダルティーな顔を覗かせるなど、振り幅の大きさも感じることができる。さすがに撮影会で人気を呼んでいるだけあって芸達者だ。緊張感を微塵も感じさせない内容に次回作の期待も必然的に高まる。


木更のDVD発売記念イベントは12月25日(土)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

関連タグ

PHOTO おすすめフォト

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント