“合法ロリ”のニューカマーましろ碧乃、1stDVDから大胆エロスがほとばしる

グラビア 公開日:2021/12/15 90
この記事を
クリップ

昨今のグラビアDVDはハードなシーンを惜しげもなく披露している。グラビア女王の森咲智美はもちろん、”エロスの権化”と呼ばれる金子智美然り、最近で言えば”練馬のハッピービッチ”鎌沢朋佳など比較的若年層のグラドルにもその傾向が顕著だ。そんな激しさが増すグラビア界にまた一人強者が出現した。火の国・熊本出身のましろ碧乃、26歳。すでに撮影会などで場数を踏んでいる彼女が待望の1stDVD『わたしは遊園地』(竹書房)をリリースし、新人とは思えないエロっぷりですべてのグラドルファンに衝撃を与えている。


来年1月29日で27歳となるましろ。グラドルとしては遅咲きのデビューとなるが、162cmの身長にスリーサイズは上からB87・W59・H90(cm)とボディは非の打ち所がなく、バストもGカップと最高のプロポーションを誇る。顔立ちは26歳とは思えない童顔ぶり。今作ではセーラー服に体操着というコスプレ感のある衣装も着用しているが、あまりのキュートさに26歳とはとても信じられず、ギャップの破壊力はメガトン級だ。ましろ自身も”合法ロリ”を自称しており、その資格は十二分ほど有している。


気になるDVDの内容だが、街で出会ったドSの男性に調教され、快感に溺れていくという、ドMな女の子を熱演。男性と出会ってマンションに移動し、野外にも関わらず玄関で冒頭から衝撃のシーンを披露したかと思えば、部屋に戻るなりこれまた過激なシーンが展開されていく。同シーンでは超V字形水着を着用。露出も半端なく高い。セーラー服、体操着のシーンも過激だ。セーラー服と下着風水着を脱いだらトップを絆創膏で貼り付けた無防備状態のGカップバストが”こんにちは”。体操着のシーンでは拘束された状態で男性がやり放題。同シーンでは舐めシーンとしてソーセージを使っているが、舐めシーン自体新人が披露するのは極めて異例で、さらに舐めたモノがソーセージというから驚きだ。


そして夜ベッドはデザインニップレスでバストが無防備に。濡れた肌とGカップのバストが揺れまくる。ラストを飾るのは昼の室内のシーン。こちらもソーセージにマッサージ機などグラビアDVDとは思えない小道具が登場する。展開される具体的なシーンは差し控えるが、童顔でGカップのましろが真っ昼間からこんなことをしていたら、と想像するだけでも興奮しない者などいないはず。部屋中には喜悦の声が響き渡り、妄想が無限大に膨らむ。すでにベテランの風格さえ漂うましろ。2021年も終わろうとしているが、今年最後のビッグサプライズかもしれない。


ましろのDVD発売記念イベントは12月25日(土)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 16件)

関連タグ