心奪われるナイスボディ 霧島聖子、大胆不敵なゴールドマイクロビキニは圧巻

グラビア 公開日:2021/12/17 54
この記事を
クリップ

2014年からレースクイーンの第一線で活躍し、2019年の「日本レースクイーン大賞」を受賞、さらに史上最強メンバーと言われた『ミスFLASH2021』グランプリにも輝き、今年は「エヴァンゲリオンレーシングRQ2021」の真希波・マリ・イラストリアス役に就任するなど、名実ともに大人気レースクイーン 霧島聖子


165cmの恵まれた身長にB86cm - W60cm - H88cmというプレシャスボディ。上品さを振りまきながら、立て板に水の如き語り口は“デキるオンナ”を体現している。それ故“とっつきにくい”のかと思いきや、気さくで笑顔満開の神対応、さらに妄想するのが好きという“柔”な一面も魅せ、ファンからは親しみを込め“せいこっこ”という愛らしいニックネームで呼ばれている。『ミスFLASH』のご褒美DVDを含め、過去3枚の作品も大人の魅力と可愛さを併せ持ち、抜群のスタイルで魅了してきた霧島待望の4thDVD『misty love』(ギルド)が12月23日に発売される。


黄色のノースリーブニットから真っ赤な変形ランジェリーに展開、「いまどこ見てるの?」と優しく微笑みながら、えっちなボディを露わに。甘い視線の誘惑にいきなりノックアウトさせられる。スポーティーな水着では、キャップがヘルシーさを強調、自らカウントに合わせてエクササイズ。初めてロデオマシーンにも挑戦し「けっこう難しいね。疲れてきた」と恥じらいをみせる。そのままシャワーを浴びせられ、一瞬「んはっ」と色っぽい声がでてしまうが、ちょっとMっぽい彼女の表情に注目だ。レース柄のハイレグレオタード姿では、V字に切り込んだ谷間を見せつける四つん這いポーズや、自慢のヒップにベビーローションを塗ってみせたり、胸辺りまで下ろして美麗なデコルテをみせたり、誘惑めいた瞳を投げかける。淡い水色の眼帯ビキニでの大浴場のシーン、なぜか大きなバランスボールを洗っている霧島は「ねえ!見てないで手伝ってよー」と懇願。そのまま自ら泡だらけになって体を洗いながら、またもや色っぽくも可愛い視線を投げかける。透け感のある眼帯ビキニでのポージングは、雫と汗も相まって実にセクシーな仕上がりだ。


和室では浴衣を大胆に肌蹴させ、さらに浴衣越しの手ブラでオトナの魅力を撒き散らす。ウェディング風のボディスーツとガーターの取り合わせも、可憐さとセクシーさを同時に堪能できるシーン。霧島の艷やかな唇に吸い込まれそうになる。キュートさあふれるメイドコスでは、「えー混ぜるの足りなかったー?」とイチャイチャタイムを楽しみながら、「せいこっこ特製オムライスでーす♡」とにっこり。メイドのせいこっこと一緒の素敵な時間をお届けする。可愛いだけじゃなく、えっちなポーズで美バストやむっちりヒップもしっかり接写。そして今までみせたことのないようなマイクロタイプのゴールドビキニ姿は圧巻。ビリヤード台に乗っての大胆ポーズや、キューを使ってのセクシーテクニック、オイルで妖しく艶めく“misty body"を心ゆくまで堪能して欲しい。スタイルの良さだけではない、適度なもちっと感も“せいこっこ”の魅力。誰もが心奪われるはずだ。


霧島のDVD発売記念イベントは、12月26日(日)16時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館8F で開催。ぜひ足を運んでほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ