『ミスFLASH2021』卒業グラビア 霧島聖子、イメージとは違う純真な一面に惚れ直す

グラビア 公開日:2021/12/14 27
この記事を
クリップ

ミスFLASH2021』が4週連続で誌面を飾る卒業グラビアのラストを飾るのは、「日本レースクイーン大賞2019」のタイトルも獲得し、ミスFLASH史上初の2冠を達成した霧島聖子


キツく思われがちな見た目から常にグラビアでは大人っぽさが求めらてきたため、清純派のイメージで新たな魅力を提案。

 「ネット生配信などでファンの方に向けてお色気妄想をするから誤解されがちですが、母親が非常に厳しかったので、子供のころから箱入り娘の状態。すごく真面目な家で育てられてきたんです。私自身がオタクだし家にこもることも多いので、生活の清廉潔白さには自信があります。見た目のイメージとは違う、純真な一面も持っていることをぜひこのグラビアで感じてほしいです。大好きな猫と撮ってみたいという夢も叶えられて幸せです」

 

サーキットでも"せいこっこ"の愛称で親しまれ、その笑顔でファンを元気づけている。12月9日で30歳を迎えた。

「毎日コツコツ努力を重ねたおかげで2つもタイトルを獲ることができたし、20代を全力で駆け抜けることができました。いま興味があるのはファッションや美容のこと。おしゃれにぜんぜん興味がなくて服装に無頓着だったので、自分なりの理想像に近づく努力をしよう考えています。いい意味で変わったねと言われるようになりたいです」

 

 ミスFLASH2021待望の写真集(タイトル未定・光文社刊)が’22年1月25日に、トレーディングカード(ヒッツ)が3月に発売決定。写真集の発売記念イベントも1月29日に東京・神保町の書泉グランデで開催する。

 

写真◎岩松喜平


<雑誌情報>

週刊FLASH

12月14日 (火)発売 

特別定価490円

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)