アイドル×グラドル×パティシエの三刀流 西原綾美、生クリームみたいなふわふわボディ

グラビア 公開日:2021/12/11 21
この記事を
クリップ

『ミス東スポ2021』で特別賞を受賞し、アイドルユニット・パステル☆ジョーカーのリーダーとしても活動、さらにパティシエとしてのいち面を持つ三刀流で注目される西原綾美が、ファーストDVD『夏の戯れ』(イーネット・フロンティア)をリリース。発売記念イベントを東京・書泉ブックタワーで開催した。


できあがったデビュー作を手にした感想は「想像以上にセクシーで過激だったんじゃないかと思います。新しい自分が見れた作品になりました」と喜んだ。


奄美大島で撮影された今作。内容については「人妻という設定なんですけど、旦那さんが出張しているときに、壊れたエアコンを直しに来てくれた修理業者さんと恋に落ちてします」と説明。シーンについて聞かれると「お風呂のシーンで泡で胸を隠しているだけなんですよ。最初は泡が取れちゃう心配もありました。ローションと泡を混ぜて泡が取れないように工夫をして撮影しました」と明かし、セクシーなシーンは「台所で料理をしているんですけど、黒い服を着ていたんですけど、気が付いたら紫のセクシーなランジェリー姿になっています。初めて着た形だったのでよかったです」と紹介、お尻がチャームポイントのようだが「バランスボールに乗っているシーンがお尻がきれいに映っているのがいいかなと思います。あと私は普段パティシエをやっているので、生クリームのような白い肌もチャームポイントなので、私の肌にも注目してほしいです」と意気込んだ。


今作は初めてのDVD撮影だったが、「セリフとかも棒読みになってしまったりとかしましたけど、表情とかセクシーな雰囲気を作れるようになったので、そういう変化が見られるようになりました」とコメント。そんなデビュー作を採点してもらうと「80点です。見せ方がまだまだたりないですね。もっと他のグラビアアイドルさんの作品を見て研究したいと思います。撮影する前にはミス東スポの先輩の緑川ちひろさんの作品を観たんですよ。緑川さんもセクシーさががあって魅力的です」と話した。


すでに次回作の構想も考えているようだが「普段はパティシエをやっているので、生クリームをふんだんに使った作品に挑戦したいです」と目を輝かせた。今後の目標を問われると「グラビアの活動はもちろんですけど、競輪がすごく好きなので、競輪番組に出たいです。地上波の番組にもたくさん出れるように頑張ります。『真夜中のおバカ騒ぎ』(MXテレビ)に出たいです」とアピールした。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ