戸塚こはる、たわわすぎるHカップにシェイプされたボディが魅力倍増

グラビア 公開日:2021/12/08 64
この記事を
クリップ

工業高校出身でバストはたわわなHカップというパワーキャッチでグラビア界に舞い降りた、ショートカットがよく似合う 戸塚こはる


クラスの中でも“地味子”ちゃんな雰囲気ながら、164cmの身長に96cmというご立派な“脱いだらスゴいHカップ”を装備。体育の時間の視線は相当熱かったものと推測されるが、その発育バストを武器にグラビアデビュー。過去2作も絶好調の戸塚が贈る3rdDVD『ハレノチコハル』(スパイスビジュアル)が先月発売された。


「大学の先輩と過ごすちょっとエッチなひと夏の思い出」がテーマの今作。「あーー海最高!」とビキニにTシャツ姿の戸塚。背伸びをして海風を体いっぱいで感じていると、ペットボトルの水を首筋にかけるイタズラっぽい先輩に「あ!もー誰?せ、先輩!」と爽やかな青春の一コマから、赤のビキニになった戸塚を大胆なバストマッサージのテクニックが妙にいやらしいのが良い。波と戯れる彼女や、木陰でボトムの紐を解いてえっちなポーズなど、陽と淫靡を上手く見せている。バスタイムでは王道、ベージュ眼帯でHカップを中心にくまなくマッサージされると、気持ちいのか困っているのか複雑な表情がそそる。M字開脚や手拭い手ブラも要チェック。


メイドコスチュームでは、無造作に片手でアイスキャンディーを持って「おまたせしましたー」と駆けてきて、「うわ!」と躓く漫画のようなシーンのあと、おもむろにアイス舐めへとえっちな感じに。徐々に脱いでいくと大胆極まりないV字衣装へと展開、自ら揉むHカップが最高の眺めだ。スポーツシーンでは突起のあるバランスボールに乗って上下運動。汗がひと際目立つグレーのスポブラ&パンツでエロさを強調している。その格好での激しめのダンスシーンも見ものだ。モスグリーンの前開き変形競泳水着はハイレグの角度と、水を弾くたわわなHカップをじっくり観ていただきたい。


夏らしいワンピース姿でうたた寝していると、現か現実か?複数の手が、花柄マイクロビキニにさせられた戸塚のカラダを這う。乳液をたっぷり塗られ、バストと内腿の同時攻撃に表情もだんだん色っぽく変化していく。和室に赤いシーツを広げ、スケスケのハイレグ衣装でのイメージシーンは、芸術感が強い色と光りのマリアージュに、彼女のブラマラスなボディが淫靡な陰影を作って綺麗だ。さらに大人っぽい紫のニップレス&ワイヤーのランジェリーでの情事は、控えめな息遣いと細かい汗の玉がセクシーさを引き立てて昂奮ポイントだ。


デビュー当時よりシェイプされたカラダはより美しくなり、バストはさらに迫力を増した模様。プロ意識強くなり、素朴な自然体グラマーから“魅せるカラダ”へと進化した戸塚こはるから目が離せない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ