RaMu 撮り下ろしカレンダーでペットと共演、ミーアキャットで「たわわチャレンジ」

グラビア 公開日:2021/12/05 23
この記事を
クリップ

グラビアアイドルのRaMuが5日、都内の書店で「RaMu 2022年カレンダー」(わくわく製作所)の発売記念イベントを開催した。


デビューしてから毎年発売しているカレンダー。これまではDVDの撮影と一緒に行われていたが、今年はカレンダーのみの撮り下ろし。「DVDは物語のコンセプトがあったけど、今回はコンセプトがなく季節によって違う水着を着ているので、私的には過去イチ好きなカレンダーになりました。10月はハロウィン、12月はサンタさん。ベタでわかりやすいカレンダーになっています」とアピールし、「今回ばっかりは季節感を味わってほしいので、しっかりリビングに飾ってほしい」と呼びかけた。


お気に入りは「今年から私の家族になった」というミーアキャットのメロくんとの“共演ショット”。RaMuのバスト上のメロくんが乗っかっている1枚で、「世界で初めてかもしれない、ミーアキャットでたわわチャレンジしています(笑)」と解説。「本当は飼っているモモンガ2匹、爬虫類3匹も撮影に連れて行きたかったけどスタッフさんに「全員はやめてくれ」って言われてしまって(笑)。メロくんは私がメイク中にトイレしちゃったり、そういうので撮影は大変。撮影どころじゃない」と裏話を披露した。


2021年は一人暮らしをはじめたRaMu。「24歳で何かしらガラッ変えたいと思っていたので引っ越ししました。でもまぁ、すごく大変で…。家賃、水道、光熱費をどう払っていいのかわからなくて(笑)。でもやっと大人になった感じがしました。今年は大変だったけど、いままでの人生の中で一番時間が経つのが早かった。お仕事も趣味のゲームの仕事がすごい入ってきたし、最近だとサバゲーの仕事もあった。お仕事も充実してきました」と実りある一年ににっこりだった。


25歳になる来年の抱負を聞くと、「これまで割と自由奔放に好き勝手活動してきた。より本腰を入れてアラサーに向けて円滑に仕事をしていきたい。もう子供じゃないという自覚を持って」と気を引き締め、「あとは映画のコラム連載を持ちたいと思っています。自分にしかできない連載を持てたら」と目標を語った。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)

関連タグ