“至宝の美ヒップ” 朝比奈祐未 官能的なセーラー服姿、大照れで素が丸見え

グラビア 公開日:2021/11/21 29
この記事を
クリップ

グラビアデビューは2016年。美大出身という感性はDVDでも発揮され、その表現力は、ただ露出するだけではない、世間をあっと言わせる意思を感じる作品ばかり。今やニックネームにもなっている“ひなけつ”もそのひとつ。造形を得意とする彼女が魅せる、尻の自然美は、天から授かったもののみでは伝えられない、様々な感情と妄想を与えてくれる。


俳優を目指しただけあって、彼女の中盤の作品からはしっかりとしたバックボーンとストーリーをはらんで、淫靡にスリリングに展開。さまざまな役柄を彼女の細胞が演じさせた。まさに”ひとつの作品”としてイメージDVDを昇華させ、16枚目となる新作DVD『リビドー』も、その流れを汲んでいる。


ソフマップイベントの恒例となった“マイクロビキニ”シリーズ。今回は大人っぽい落ち着いた色の水着をチョイス、「これ細かいですがハート柄です。レースっぽい感じでグレーに淡いピンクが入った色ですね」と紹介。


“性的衝動”という意味を持つ『リビドー』という今作品。「いつも私のDVDを観てくださっている方は知ってると思うのですが、お芝居が多めとなっております。今回は、恋人を亡くした私が、彼の面影を辿る旅行に出かけるんです。そこで新しい出会いがあるという展開です。私の得意分野ですー」とにっこり。「千葉の民宿で働き始めるんですが、そこのオーナーがえっちでして、お風呂掃除の時になぜかセクシーな競泳水着を着させられまして、いやいやながら応じてしまいます。あと、来月30歳になるんですけどセーラー服着てるんですよー。これもオーナーに無理やり着せられる設定なんですが、本当に照れてる様子が観られます。もうホントに嫌だった(笑)。だからこのシーンは素ですよ」と照れまくっていた。


いつものように布面積は全体的に小さいが、その中にあって今回剣道着を初めて着ているという、「剣道の経験は全く無いのですが、似合いそうだからと採用されました。竹刀でポールダンス的なことにも挑戦しています。申し訳ございません。何卒大目に見ていただけると…」と控えめアピール。16枚目となるとネタがたいへんと嘆く朝比奈だが、「今の所やったことなくていいなと思うのは“ギャル“ですね。以前アンドロイドの役で金髪にしたことがあったんですが、そんな感じで髪色をまた明るくしたいなと思います」と、意外な答えが返ってきた。


今年も1ヶ月余りとなり、1年を振り返ってもらうと「グラビアももちろん頑張ったんですが、舞台とかラジオの仕事をいただくことが多くなりまして、幅が広がった1年でした。特に舞台『MOTHER』は、物語はとても悲しいお話ですが、稽古場の雰囲気がとてもよかったんです。主演の浅香唯さんがほんとうにお優しい方で、いま“MOTHERロス”なんです」と寂しそう。大学時代から演技の仕事を目指してきた彼女にとって、忘れられない、かけがえのない時間だったことだろう。グラビアもまだまだ若手には負けないと力を込め、「大人の色気ガンガンの出していこうと思ってます!」と意気込んだ。2022年も楽しみしかない。


朝比奈は『2022年カレンダー』が発売中。そのリリースイベントが12月5日(日)に、ブックファースト新宿店で開催が決まっている。「イベントでは、撮影会では着られない露出ギリギリの衣装を着ます」と宣言。ぜひ足を運んでいただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)

この記事に関連するコメント

スコネコ🔞🐈🚗🚝💕 @ScottishNeco 11月21日

“至宝の美ヒップ” 朝比奈祐未 官能的なセーラー服姿、大照れで素が丸見え | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! https://t.co/Rs1JUfdUOD

関連タグ