天木じゅん、全ページ迫力ボディ堪能のカレンダー「王道なグラビアにまとめました」

グラビア 公開日:2021/11/14 25
この記事を
クリップ

149㎝にIカップという「奇跡の二次元ボディ」でグラビア界でも確固たる地位を築くグラドル 天木じゅんが11月9日、3年ぶりとなるカレンダーブック『めくったらいいじゃん』(光文社)を発売し大きな話題を集めている。


今回のカレンダーブックはテーマを「王道」とし、天木本人も「私のボディを愛してくれるファンの方々へ心から感謝の気持ちをこめ、今回は直球勝負です!」と意気込む。


発売後の好評を受け11月14日、書泉グランデにて記者会見」が開催された。


記者団の前に現れた天木は、早速カレンダーブック『めくったらいいじゃん』について、「誰にでも刺さるようシンプルな私を含め、全部のページに迫力があって、いつまでも見ていられるような王道なグラビアにまとめました」と自信をのぞかせ、ロケ地に熊本を選んだ理由に関しては、「私プライベートで凄いサウナにはまっていて、行きたいサウナが熊本県にあったんです!行きたい行きたい!って言って連れて行ってもらいました!ありがとうございました!」と壇上からスタッフへの感謝を伝え会場を沸かせた。


出来栄えは「100点満点で200点!」という今回のカレンダーブック、一番に手渡したのはお父さんとのことで、「私のお父さんは高校で体育の先生をしているんですけど、今では生徒さんから“娘さんのサイン欲しいです”って言われたりするようになって…」とエピソードを披露すると、インタビュアーより「高校生にはまだ早いのでは!?」とのツッコみが。これに天木は、「高校生も見て!高校生も飾ってください!」と返した。


最近では、「サウナスパ健康アドバイザー」「サウナスパプロフェッショナル」「熱波師」と複数の資格を取得するほどハマっているサウナ意外にも、特技としてゴルフの腕を磨いているという天木、自慢のゴルフスイングを披露する一方、記者団から寄せられた「Wikipediaには特技にゾンビのモノマネとありますが、モノマネを」とのリクエストが寄せられると…、「できません!ちょっとそれはもう消して貰いたいですね!」と拒絶し記者団の笑いを誘った。


サウナやゴルフ以外にも自炊で磨いているという天木の二次元ボディ、カレンダーブック『めくったらいいじゃん』で堪能してみてはいかがだろうか。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 26件)

関連タグ