“ゴールドビキニ×艶×小麦肌”は「まさに橋本梨菜」2022年カレンダー発売に笑顔

グラビア 公開日:2021/11/13 26
この記事を
クリップ

なにわのブラックダイヤモンドの異名を持つ橋本梨菜が、東京・ブックファースト新宿店で『橋本梨菜 2022年カレンダー』(トライエックス)の発売記念イベントを行った。


でき上がったカレンダーを手にした橋本は「笑顔の表情からしっとりとした表情までいろいろ楽しめるカレンダーになっています」と説明。カレンダーのテーマは「やはり黒いので年中飾ってもらっても暖かくなれるんじゃないかなと思います。常夏のカレンダーです」と話した。


お気に入りのカットは裸の上に白シャツを羽織っているカットで、「単純にこの写真の顔が好きなんですよ。周りの人に写真を選んでもらうと笑顔が多いんですよ。意外と自分ではこういうあざといキョトン顔が好きです。着ているのも水着とか下着ではなくて、シャツでなにも着ていない感じがセクシーでいいんじゃないかなと思います」と紹介した。じつはお気に入りをひとつに絞り切れなかったそうで、「3・4月のゴールドのビキニが人気で、どんな作品でゴールドを着たとしても、これぞ橋本なんじゃないかと言ってもらえるんですよ。今回は4カットもあります。ゴールド×艶×小麦肌は、まさに橋本梨菜ですよ。3月に選んじゃいましたけど春っぽくないですね(笑)」と笑った。続けてゴールド水着の思い出について語り、「年始とかの撮影会とかでは毎年ゴールド水着を着ているんですよ。この写真を撮ったら今年1年の金運が上がるよという願いを込めているんです。おめでたい感じなので、毎年ゴールドは着ています」と明かした。


そんなカレンダーを飾ってもらいたい場所については「カレンダーって終わったら破っちゃうんじゃなくて、終わってもいろいろな部屋に飾ってほしいと思います。飾ってほしいのはお風呂ですね。ラミネートをかけて水がかかっても大丈夫の状態にしてお風呂に飾ってほしいです。あ、でもお風呂もいいけど寝室でお願いします」とコメントした。


2022年を振り返った橋本は「sherbetの全国ツアーだったので、とにかく地方に行きまくって、移動とあとはホテルに泊まることが多かったです。やっと最近家でゆっくり寝られるイメージですね。高いお家に引っ越したんですけど、家賃がもったいなかったですが、充実していて楽しい1年でした。年末忙しいのが芸能人なんじゃないかと思っているので、ここからの2ヶ月間も休みなくしっかり働きたいと思います」と意気込み、来年の目標については「この前28歳になって、だいぶもう大人になりましたね。グラビアを6年やらせてもらって、ずっと若い新人グラドルと言えるんじゃないかと思っていましたけど、気づいたらベテランになっていました(笑)。もちろん若い子たちとか新人たちがどんどん育ってくれるのもうれしいですよね。まずグラビア自体を盛り上げていきたいです。まだまだ私はこの座を退く気はないので頑張っていきたいです」と意気込んだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ