大川成美、ロングヘア30cmバッサリカットで心機一転「ショートは性格に合ってる」

グラビア 公開日:2021/10/30 20
この記事を
クリップ

元気で明るいキャラクターと丁度いいむっちりしたボディラインが魅力の大川成美が30日、都内で行われたイメージDVD『大成』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身11作目のイメージ作品となる今作の内容を聞かれた大川は「(恋人に)振られた私が河川敷でひとりでポーッとしているところでファンの方と出会って恋に落ちるというストーリーで、2人とも傷ついていて、お互いを癒し合ううちに、だんだんいい感じになって付き合うって感じです」と紹介し、「私は事務所をやめてフリーになったので、今回このDVDで新しいことをしたいなということで、30cmくらいバッサリ髪を切ってショートカットにしました。芸能9年目になるんですけど、9年間ずっとロングだったので、一気にバッサリ切りました」と告白。


ショートカットにしての感想を尋ねられると「成人式のときにバッサリしたんですけど、今は人生で1番短いです。すごく生きやすいというか、自分の性格にショートカットが合っていて、服も楽しめたり、ファンの方からも好評なので、当分はショートカットを満喫したいなと思っています」と声を弾ませた。


あらためて、具体的なシーンの紹介を求められると、「もともとソフトボールをやっていて、千葉県代表で国体にも出場しているんですけど、それを生かして河川敷でキャッチボールをしています。あとは、泡だけをつけたお風呂のシーンなんですけど、泡は初めてで、泡がどうしても下に流れちゃったりしたので、メイクさんに何度もつけてもらったりして大変でした」と回顧し、恥ずかしかったシーンについては「いつもは役になり切っていたんですが、今回は自分設定で、しかも東京で撮ったんですけど、東京に住んでいるので、恥ずかしいというよりはどんな風に自分を出していったらいいかなと思って、演じるというよりは自分自身の感じで撮影できたかなと思います」と語った。


また、セクシーなシーンを尋ねられると「初めてウエディング系のシーンをやったんですけど、もう31(歳)なので、いろいろプライベートも考えていきたいなと思いつつ(笑)、嬉しかったですね。セクシーに撮れているシーンだと思います」とアピールし、お気に入りのシーンについては「これも初めてなんですけど、ロデオマシーンに乗りました。激し目のシーンになっていると思うので、ぜひそこを見てほしいと思います」とコメントした。


フリーランスになってやってみたいことを聞かれると「最近、いろいろ縛りがなくなったので、自分でやりたいことをやっていこうと思って、この間初めて金髪にしました(笑)。あとはラウンドガールのオーディションを受けて、ファンの方の投票で無事に決まって、ムエタイのBOMガールとして1年間活動することになりました。ファンの方が応援してくれているからずっと続けられているなというところがあります」とファンに感謝し、格闘技をやってみたいと思わないかと追求されると「普段、アクションの仕事をしているんですけど、やっぱり試合とか大会を生で見るとめちゃくちゃ面白いなと思って、1度ムエタイは挑戦してみたいなって思っています。1回習いにいってみようかなと思います」と意欲を見せた。


さらに、ソフトボール経験者とのことで、始球式の仕事をやってみたいか尋ねられると「やってみたいですね。最近、YouTubeで企画をやったときは(球速)90kmくらいだったんですけど、過去に稲村亜美ちゃんと対決したり、(お笑いコンビ)ティモンディの高岸(宏行)さんと対決したり、いろいろと野球系の仕事はしていたんですけど、まだ始球式はやったことがないので、ぜひやってみたいですね」と目を輝かせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ