もちもちスーパールーキー 雛森つぐみ、19歳の早熟すぎるシーンに悶絶

グラビア 公開日:2021/10/27 98
この記事を
クリップ

令和の時代を象徴するイマドキの女の子・雛森つぐみ、19歳。水泳やソフトテニスが特技だという彼女だが、ギターやピアノも得意で絶対音感を併せ持ち、可能性が無限大に広がる女の子だ。その彼女がグラビア界に身を投じ、1stDVD『早熟好奇心』(竹書房)でグラビアデビュー。少女と大人の間で揺れる乙女の淡い恋心を描いた今作で等身大な女子高生を熱演した雛森が、10代の初々しさを残しつつも大人っぽいシーンにも果敢にチャレンジしている。


156cmの身長にスリーサイズは上からB84・W58・H88(cm)という肉感がたまらなくセクシーな雛森。カップは未公表だが、Eカップ以上はありそうな膨らみで、汚れを知らない可愛らしい顔立ちとのギャップがたまらない。そんな彼女のデビュー作は、女子高生に扮した雛森が親戚のお兄ちゃんの家に訪れてイケない行為を繰り広げるというもの。こんなに清楚な女の子が、あんなことやこんなことを展開するとは…、というギャップが今作のポイントだ。


親戚のお兄ちゃんの家に着くなり、疲れたのかお昼寝タイム。制服のまま寝ている彼女をお兄ちゃんが襲撃し、布団の中に入ってスカートの中を拝見する。そこで起きた雛森がワイシャツのボタンを外してセクシータイムがスタート。ブラジャーを外して手ブラを披露しただけでも驚きだが、それは序奏の始まり。何といきなりセクシーなシーンを披露している。幼気な少女が見せた本気モードの表情。それに加え、部屋中には喜悦の声が響き渡る。冒頭からいきなり刺激的なシーンを見せてくれた。


ビーチでは黄色のビキニを着用。水も弾く10代の白い肌が眩しすぎる。家に帰ったらお兄ちゃんとマッサージ。それが終わったらバランスボールに興じ、上の衣装を脱ぎ捨てて再び手ブラで激しすぎるシーンを披露している。野外でのブランコ遊びとプールのシーンを挟んで、メイド的な衣装を着用したシーンも必見だ。胸元を全開にした衣装を着ながらセクシーなアイス舐め。強弱をつけた舌使いに驚きだ。さらに衣装を脱ぎ捨ててチューブトップ水着へと展開。キュートさとセクシーさが上手く融合している。


お風呂のシーンでもアイス舐めを披露。こちらも超絶の舐め技に加え、アイスを身体に当てる荒技も。最終的には泡ブラを見せるなど、新人としては異例の光景だ。最後の夜ベッドではV字形水着を着用して露出の高さも最高潮。セクシーすぎる水着を着用しながら「お兄ちゃんにもっとイイ事してあげる♪」と発して、怒涛のシーンが展開されていく。もはやアイドルDVDの枠を超えており、新人がここまで過激なシーンを披露したことがいまだかつてあったのだろうか?それぐらい内容的には衝撃度が高い。


雛森のDVD発売記念イベントは11月3日(水)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ