“ミラクル神ボディ” 松嶋えいみ、フェチすぎる16のシチュエーションで悩殺

グラビア 公開日:2021/10/18 11
この記事を
クリップ

水泳で鍛えたボディは、168cmの高身長に87cm - 60cm - 86cm という、素晴らしい黄金比プロポーション。Fカップ美乳と、ぷりっとした上向きヒップに絶品のくびれから、誰が呼んだか、ついた異名は“ミラクル神ボディ”。その立ち姿に誰もがときめくグラビアアイドル松嶋えいみ。


6月に24枚目となるDVD『Sexy Devil』(エアーコントロール)を発売。リリースイベントが7月に予定されていたが、自身の体調不良で延期となり、10月17日にようやく秋葉原・ソフマップで開催された。いつ見ても惚れ惚れするスタイルで取材陣の前に姿をみせた松嶋。ブラジリアンカットのセクシーなビキニで“大人の魅力“がムンムン。「昨日、原宿のお店で買いました。スタイリストさんがよく行くお店で、「あ、これ着たことある」っていう水着もあって面白いんですよ」と笑顔をみせた。散りばめられた真珠は本物だそうで、「この水着実はリバーシブルなんですよ♡ちょっと高かったんですよー。私4月生まれだから誕生石はダイヤなんですけでどね」と言いながらも、ブリリアントなビキニが似合うのは、グラビア界広しと言えどそうはいない。さすがの貫禄と言ったところか。


初めて宮古島で撮影されたという今作の見どころはなんと言ってもチャプターの多さ。通常は8、多くても10が標準だが、全16のチャプターで構成されている。「打合せで聞いた時にびっくりしちゃって、え!無理なんじゃないか??って思ったんですけど、なんとか完成しました。もう、めくるめく着替えでした。「新人さんだったら無理だったろうねー」ってスタッフさんにも褒めていただきました」と言うほど。2日弱で撮影したそうで、翌日は1日オフ日があったそうだ。それくらい体力も精神力も必要な大変な撮影だったそうだ。


裏テーマとしては「ちょっとエッチなTikTok」という本作は、日常にありそうでなさそうな、さまざまなフェチがふんだんに盛り込まれているといい、「Yシャツを着て、自分で霧吹きで濡らしていくというシーンがあったんですが、なかなか透けないんですよ。やりすぎるとびちょびちょになっちゃうし、吹きかけすぎる格好も良くないし、加減が難しかったですね。あとはDVDで初めて手持ち花火のシーンがありました。ミニスカートでパンチラしてます♡。ピッタピタのスーツを着て、書類を“ばーっ”て撒くシーンも綺麗に書類が舞ってます。下着の透け具合もみどころですよ」とアピールした。


タイトルの『Sexy Devil』については「フェチなので小悪魔的というか、あざとい部分もあるなと思って、いろんな候補からこれにしました」と話し、プライベートではSexy Devilなのかツッコまれると、「あんまり意識したことないですけどぉ、周りからも言われたことないですねー…あざとさとかないかも。なんでもストレートに言っちゃうタイプなので」と分析していた。


松嶋は10月29日の次作DVD『Aiming at You』が発売される。31日には撮影会も控え、ますます目が離せないミラクル神ボディのチェックをお忘れなく。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ