新世代乳神 未梨一花 発育100cm Iカップ新技“押し付け”、むぎゅむぎゅアピール

グラビア 公開日:2021/09/24 33
この記事を
クリップ

2019年、グラビアデビューの年に「サンスポGoGoクイーン」でピュアグラマー賞なる特別賞をいきなり受賞。屈託のない明るい笑顔と、乳圧に押されそうな揺れ弾む美爆乳を武器に、彗星のごとく舞い降りた新世代“乳神様” 未梨一花。


翌年には、アイドル専門ポータルサイト「東京Lily」の「2020年上半期 巨乳アイドル賞」「2020年上半期 撮影会大賞」でそれぞれ1位、さらに二代目『ミス夕刊フジ子』特別賞&東映特別賞受賞と、一躍タイトルホルダーとなり、グラビア界ではなくてなはらない存在となった。そんな未梨の8枚目となるDVD『恋人は一花お姉ちゃん』(イーネット・フロンティア)が9月17日に発売され、記念のイベントが秋葉原・書泉ブックタワーで開催された。


記者陣もあまり見たことのない、トップスが五角形で前開き、さらに横乳もみえるという、ビキニで登場。「今日のために新しい水着を買おうと、昨日行ったらお店が休みで…。それでうちにあった着てない水着を選んできました。ネットでまとめ買いしたものなんですが、確かにデザイン変わってますね。色は黒板じゃないですか?」と笑っていたが、まさに未梨のためにデザインされたようなビキニだ。


今作は都内と、千葉・館山で撮影された。「タイトル通り、私が姉で観ている方が義弟という設定です。プラス教育実習生という設定もありまして、義弟の学校に赴任してくるということになります。だから家でも学校でもずっと一緒みたいな感じですね」と説明。「家ではわりと日常な、お風呂とかお掃除とか勉強とかのシーンがあって、学校はもう、妄想に妄想が重なった、アニメとかの設定にありそうな、こんなこと学校でしていいのかな?ってシーンがいっぱい入ってます」と、何やらえっちな匂いがプンプンする内容のようなので、その禁断のシーンをツッコんで聞いてみると「保健室と体育館なんですけど、迷うなー、体育館かなー。最初普通にバスケやってるんですけど、人が来ちゃって体育倉庫に隠れるんです。そのシチュエーションが二次元みたいじゃないですか。そこから私が仕掛けて…わははは!」とその先は本編で確認していただきたい。「このシーンがオススメな理由が、今回一番好きな衣装がジャージだったからでして(笑)。私、ジャージ似合うんですよ(笑)。衣装合わせの時にそんな話が出まして、白地にピンクのラインが入っているけっこう可愛いデザインなんですけど、”楽しい”から急に大人なえっちなシーンになるので、ギャップみたいなのが楽しめると思います」と笑顔を見せた。


バストの揺れ感は毎回意識しているという未梨だが、今作は”おっぱい”というワードをたくさん言ったそうで、「私は普段言わないんですが、監督の要望でいっぱい言わされました。「おっぱい触る?」とか「おっぱい好きだもんねー」とか(笑)、それも見どころなんですけど、今回は”押し付ける”シーンが結構入ってます。今までやってなかったので、新しい楽しみ方が増えてます」と、むぎゅむぎゅアピール。その圧巻バストだが、1年半ぶりに測り直してみたら、センチもカップも増えたそうで、「大きくなったってひたすら言われ続けてて、でもコロナ禍で太って、下着がなんか合わないなとは思ってたんですが、そうじゃなくて成長してて、HカップがIカップになり、ついに100cmの大台に乗りました。本当は102cmなんですが、105cmになるまではキリの良い100cmで行こうかと。ファンの方が喜んでくれたから良かったかなと思ってます。仕事ではありがたいんですがプライベートでは取り外したいですねー」と、複雑な心境を語った。


未梨は、9月24日発売の『着衣巨乳写真集: 3 Time travel』(一迅社)の選抜6名に名を連ね、”表紙おっぱい”を飾っている。またCoochが手掛け、10月30&31日に東京・GARDEN 新木場で上演の舞台『In the womb』に出演と、マルチに活躍の場を広げる未梨から目が離せない。






※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ