西永彩奈、25歳で小学生からウエディングまで「私の振り幅を見て!」

グラビア 公開日:2021/09/12 15
この記事を
クリップ

幼さとえっちを兼ね備えた永遠のロリータグラドル・西永彩奈が12日、都内でイメージDVD『小さい頃からありがとう。』(エスデジタル)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


西永にとって35作目のイメージ作品となる今作。同メーカーからイメージ作品を発売するのは約9年ぶりだそうで「『みんな、ただいま』というか、小さいときから応援してくれてありがとうという気持ちを込めて、私の成長を詰め込んだ作品になりました」と説明し、「今回はランドセルを背負っているのですが、この歳(25歳)でランドセルを背負うことはなかなかないと思うので、みなさん痛いとは思わないでください…。割と似合っています!」とお願いした。


見どころを尋ねられると「今回、小中高大とちょっとずつ大人になっていくんですよ。ラストがウエディングなんですけど、小学生のシーンはスタッフさんもジュニアのときになった気持ちで、すごく褒めちぎりながら現場作りをしてくださって、私がちょっと足を上げただけで「すごいね!足上げられたね!」みたいな(笑)。私のYouTubeにオフショットをたくさん上げているので、ぜひそれを見つつDVDも見てください」とYouTubeをちゃっかり宣伝しつつ、「でも、ただの小学生ではなくて、色気のある小学生を撮ったりしています」とアピール。


ジャケットにもなっている制服のシーンでは高校生に扮しているそうで「これは私がTwitterで“制服でプールに飛び込む”か“人妻西ちゃん”のどちらがいいかアンケートを取って、みなさんプールに飛び込むのを見たいという意見が多かったので採用してもらいました」と打ち明け、「(ジャケットの写真は)2回くらい飛び込んだ直後で、メイクも取れちゃってとっ散らかっちゃったんですけど、楽しそうなシーンになっています」とニッコリ。「制服の下はいつも白い水着が多いんですけど、初めて着るタイプの変わったスクール水着を着ていて、その透け感も楽しんでもらえたらいいんじゃないかなと思います」とオススメした。


そして、ウエディングのシーンについて西永は「ウエディングは久しぶりにやりました。小学生からウエディングまでできる私の振り幅を見てください!」と胸を張り、「ロリ系が好きな方も、大人っぽいものが好きな方も、みんなが楽しめる作品になっていると思います」と仕上がりに自信を覗かせた。加えて、セクシーなシーンを聞かれると「V字のとんでもない水着もちゃんと着ています。隠しているのか、いないのかよくわからなくて、ほぼ裸でいる気分で撮影していました。ジャケットを見て“今回そんなにえっちじゃなさそうだな”と思わず、こういうシーンもあるのでじっくり見てください」と語った。


なお、ウエディングシーンが収録されていることにちなみ、自身は何歳までに結婚したいか質問されると「20代のうちは全然。というか、そういうのもなんにもないので安心してください(笑)。30歳までは制服を着ていたいので、30歳以降で制服の衣装が用意されなくなったらそろそろかなって、自分の人生を考えようと思います」と吐露した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ