声にメロメロ 薄井しお里 、病みつきもっちりボディ ラストDVDで全開放

グラビア 公開日:2021/08/20 88
この記事を
クリップ

東北放送の局アナ時代、生放送のニュースを読むときは緊張を紛らわすためにノーパンでいることによって「自分はノーパンだから緊張している場合じゃないぞ」と自分に言い聞かせ集中したというエピソードを『ナカイの窓』で披露、その大胆な行動で”日本一エッチな女子アナ”という異名でグラビア界に君臨した"うすしお”こと薄井しお里。


MC、リポーター、ナレーションなど多方面で活躍し、幼い頃からの憧れだったグラビアアイドルとしても、三十路の大人な色気がムンムンで、美白のもち肌と、いやらしく膨らんだ美バスト、艶めかしい腰のラインと、病みつきなるむちふわボディで世の男性を惑わせている。そんな薄井の約1年ぶりとなるイメージDVD『濡染日記』(ラインコミュニケーションズ)が8月20日に発売された。


今作は念願だったという旅館の若女将役。文筆業を営む謎の「先生」との恋愛劇が軸となっている。「どっと熱いものが溢れた…」官能小説の朗読はやはりプロ。「先生の小説と同じですね…」とつぶやくと女将は着物をおもむろに捲くり上げ、純白の下着を見せつける。そのまま風呂場で「カラダ…あったかい」、一言一言色気が溢れ出て、その声のトーンもいやらしい。泡だらけで先生からマッサージを受け、腋やバスト、むちむちの美尻を攻撃されても余裕の表情で「ふふふ」としっとり反応。プールでの、今にも透けそうなワンピース水着で誘惑するもっちもちのカラダは薄井の真骨頂、たまらなくえっちなボディラインは必見だ。


一転Sシーンとなり、「おしおきです」。丁寧で湿り気たっぷりの言い回しは、薄井のエロさの奥深さか?もう変態の域だ。竹刀のようなものを振り下ろし、不敵な笑みを浮かべると、ボンデージ衣装のエナメルが擦れる音が何とも艶めかしい。そこから徐々にM側へと変貌、ボンデージで締め付けられ、はみ出た白い谷間を指でなぞられ「恥ずかしいです」と、濡れた目で訴える。ビーチではピンク地のトロピカル柄のマイクロビキニで可愛くはしゃいでいるが、車内ではクリーム攻めでじっとりした時間が流れる。さらに紫色の眼帯ビキニで乗馬マシーンにも乗せられ「ちょっと速い…」と困惑した声で訴える。止まらない振動に耐えられなくなり全身に汗が滲んでも止めないSな先生を色っぽい目で見つめるシーンも外せない名シーンだ。ようやく開放され、汗を拭かれながら「ちょっとあそんでるでしょ?」とイタズラな視線で訴える表情は、二人の心が繋がりあっているように見える。


「先生こういうの好きでしょ?」、コートの中に仕込んでいたスケスケハイレグ衣装を見せにっこり。なぜか重機のなかでセクシーポーズを決め、室内ではついに飴舐め、大人のイイ女の舐めの舌使いが如何にエロいか確かめてほしい。夜ベッドではゴールドビキニでローションプレイ。透けるような白い肌がメラメラと妖しく揺らめき、バストへのマッサージは今作No.1のエロい表情をみせる。「なにするんですか?」海岸の岩場で砂まみれなむっちりボディを水を垂らして攻めまくられる。朝ベッドでは明るい陽光を浴びながらバランスボールでいちゃいちゃ。可愛い薄井から、とんでもなくえっちな薄井まで、彼女の魅力を存分に楽しめる一枚となっている。


今回薄井からコメントが届いた。


今回のDVDは念願だった女将役。元々私は、家事をする事が大好きで、お家に誰かをお呼びしてお料理を振舞ったり、おもてなしを考えるのも好きです。女将はやってみたかった役の一つでしたので、撮影はリアルに楽しんでしまいました。

全力で優しさたっぷりのおもてなしをさせていただきましたが、実はちょっと?かなりハードな?Sっ気の強いシーンにも挑戦。こちらは新たな自分に出会ってしまったようで、私自身困惑しております(笑)鞭と飴、ジェットコースターのような展開に是非期待してください!

そして、今回のDVDが私薄井しお里の最後のイメージDVDとなります。私のやりたいことをたくさん詰め込んだ作品です!絶対にお側に置いてください。この作品が皆様の心に残りますように。いつも応援ありがとうございます!


なお、ラストDVDの発売記念イベントは、9月18日(土)16時から、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館で開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。


<→★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★←>

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ