“むちふわ姫ボディ” 星名美津紀、可愛いと色香の波状攻撃にメロメロ

グラビア 公開日:2021/08/12 42
この記事を
クリップ

グラビアデビューは2012年、9年間グラビア界を牽引してきた星名美津紀。撮影会で人気を博し、『週刊プレイボーイ』でみせたナイスボディの高校生は、瞬く間にグラビアの一番星となった。25歳となった今も当時と変わらぬ品性と初々しさを失わない憧れのお姫さまだ。このほど8ヶ月ぶりとなる新作DVD&Blu-ray『きみはぼくのもの』(ラインコミュニケーションズ)が発売された。


和室でみせるのは、淡いピンクのワイヤーブラとクロスした紐のデザインがおしゃれなランジェリー。ブラ紐をくいくいと上下させて仄かに微笑み添い寝した格好で「今日、先生泊まってって良い?」と囁く。このシチュエーションで断る男性など皆無だ。夏らしいノースリーブブラウスも星名が着ると実に爽やか。マイナスイオン出まくりの滝の前でにっこりする姿は究極の癒やしだ。それでも清流をバックにスカートを捲ってネイビーの下着をチラ見せ。少しはずかしそうにカメラに視線を送るその表情に早くも心を掴まれる。ブラウスを展開すると、なんと変形競泳水着に少々驚くが、むっちりHカップをむぎゅっと寄せてにっこり微笑んでくれる。ゆるゆる部屋着でバストの上のツボを刺激され「痛気持ちいい」とうっとり、続いては赤ブルマ姿で運動タイム。体操着を脱ぐとたわわなHカップがゆさっとお目見え。柔らかそうなバストを上から見るか横から見るか?ここでは“みづきパイ”を堪能したい。


グラビアDVD史上初だと思われるのが、星名が彼氏に膝枕で耳かきされるシーン、「きもちい」と笑顔でこっち向いてくれると、もっと頑張っちゃう気持ちにさせる。ここでもたわわな“みずきパイ”がしっとりじんわり心の襞に沁みていく。森林に誘われ星名に手招きされるまま付いていくと、赤ニットを捲くり上げ恥ずかしそうにみたび“みづきパイ”を見せてくれ、さらに捲くったまま走ってくれる。ちょっとツッコみたくなるがとても可愛いくて良いシーンだ。大浴場では、小さめの和柄ビキニ姿で体を洗いっこ。「かゆいとこあるう?」と洗髪シーンもあって混浴感が増す。星名には珍しいゴールドビキニ姿も披露。ベビーローションを自ら垂らしてテカテカボディで踊る姿は一転セクシー解放、揺れるHカップがいやらしく映える。黒の変形ランジェリーもグッと色っぽくなり外せないシーンだ。


ここ最近の色気の増し具合がただ事ではない星名。濡れた目線、誘惑する微笑、せつなげな息遣い、その全てが艶やかさの極致に到達、また大人へと進化したムチふわボディにやられっぱなしだ。


星名のDVD&Blu-ray発売記念イベントは、8月22日(日)16時からと18時からの2回、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館で開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。 

<→★★詳しくはアイドルワンホームページ☆クリック★★←>


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)

関連タグ