Fカップ桃尻美女 月城まゆ、初の拘束シーンにドキドキ「プライベート含めて初めて(笑)」

グラビア 公開日:2021/07/31 42
この記事を
クリップ

抱きしめたくなる魅惑のボディとぽってりとした唇が魅力のFカップ桃尻美女 月城まゆが31日、都内でDVD『Silky』(スパイスビジュアル)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


月城にとって6作目のイメージ作品となる本作は、4月に沖縄で撮影を行ったそうで「沖縄は撮影で1番多く行っている場所ですね。今回は岩陰での撮影で蚊にいっぱい刺されちゃったのは大変だったんですけど、気温がちょうどよくて、汗ダラダラになることなく快適に撮影ができました。楽しかったです」と声を弾ませ、本作の仕上がりを聞かれると「私が隣に引っ越してきたというストーリーになっていまして、隣に引っ越してきたちょっとエッチなお姉さんと夏を楽しんじゃうみたいな内容になっています」と説明。


具体的にどんなシーンが収録されているのか尋ねられると「最初はお家にトントンって行って、清楚な感じで登場するんですけど、そこから海に行ったり、ボンテージの衣装で夜ベッドのシーンがあったり、競泳水着で海の近くを一緒に散歩したり、車でイチャイチャしたりしました」と紹介し、「(車内のシーンは)最初の登場の清楚なイメージとは違って、ちょっと派手めなので、振り幅も楽しんでいただける作品になっています」とアピールした。


中でも1番のお気に入りのシーンを聞かれると「印象に残っているのは、和服のシーンで初めて手を拘束されちゃったんですけど、初めて縛られたのでドキドキしました。プライベートを含めても初めてです(笑)」と笑顔を見せ、ジャケットにもなっているボンテージを着用したシーンについては「これは夜ベッドのシーンなんですけど、ボンテージで誘惑する小悪魔的なシーンになっております。着心地はキツキツなんですけど、個人的にジャケットにもなっているので、この衣装が1番お気に入りです。ハイレグの具合も攻めたなって思います」と語った。


また、朝ベッドのシーンではノーブラでシースルーの上着を着用しているそうで「何も着けずに(胸の)シルエットを出すというのはDVDでは初めてでしたね。開放感でテンションが上がっちゃって、窓があったんですけど、こうやって(窓のほうを向いて上着を開いて)遊んじゃいました(笑)」と茶目っ気たっぷりに笑った。


8月3日に27歳の誕生日を迎える月城は、誕生日当日の予定を聞かれると「今のところお仕事の予定なので、お仕事を全力で頑張りたいと思います」といい、27歳の抱負を尋ねられると「大人の色気をもっと出せるような女性になりたいと思って、日々頑張っております」と力を込めた。


最後に、この日着用していた水着のポイントを聞かれた月城は「夏を意識した水着で、今日初めて着たんですけど、お尻の面積が小さいブラジリアンなので、お尻がきれいに見えるので、この水着をチョイスしてみました」と答えた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

関連タグ