平田梨奈、“情熱の赤”ビキニで天真爛漫アメリカンボディ炸裂

グラビア 公開日:2021/07/19 27
この記事を
クリップ

AKB48を卒業して5年、みごとなまでのダイナマイトボディでグラビア界を瞬く間に席巻、出すDVDがすべて大ヒットという、華麗なる転身を果たした“ひらりー”こと平田梨奈が、5枚目となるDVD『天真爛漫』(ラインコミュニケーションズ)を先月発売、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


本DVDのタイトル通り“天真爛漫”全開の“ひらりー”は、「来たよー!またこの時間が!」「細く撮ってねー!」「あちーね!」「ねえ、音楽掛けよー」と、記者陣と積極的にコミュニケーションを取りながら進行。水着も平田らしい“情熱の赤”ビキニは「これ1000円!」とにっこり。ボトムのカットはブラジリアン仕様で、むっちり肉感的な美尻がぷるぷる弾んでいた。


沖縄でロケを敢行した今作は、幼馴染みとばったり再開し“楽しいこと”をするというストーリー。「最初に撮ったシーンでべろべろになってしまいました。とてもいい雰囲気のBarのシーンでモヒートを飲んで大人の雰囲気を出してSになるというはずだったんですけど、そのモヒートがめちゃくちゃ美味しかったわけなんです!急にドーン!て来て、酔ってるなあと思いながら2杯目飲みました」とエピソードを話し、印象に残ったシーンは初めてのふんどし姿と即答、「これはなんでなのか一生理解できないんですけど(笑)。昔お祭りも行ったねえ、懐かしいでしょ?みたいな流れなんですよ。まさかふんどし穿くなんて思いもしなかったですし、最初乗り気じゃなかったんですけど、めちゃめちゃ解放感ありましたね。ほぼ着てない感覚です」と、ふんどし初体験を赤裸々に話したが、逆に窮屈だったのが、こちらも初めてという拘束されるシーン、「ブラのワイヤーだけ付けて、同じ色の布を貼ってるだけなんですよ。私、全くMっ気なくて、挑戦してみたんですけど、本当に縛られるの嫌いなんだなって確認しました。逆に男性を身動きできないほどぐるっぐるに縛りたいですね」とドSを断言した。


今年の夏は二級船舶免許を取りに行くという平田、「8月に受けます。ジェットスキーや船にも乗れるので、夏の女になろうかなと。知り合いが船持ってる人が多くって貸してもらおうかな」と、本格的な夏到来の頃にはダイナマイトボディな“水上のマーメイド”が降臨しそうだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ