『ミスマガジン2021』ベスト16お披露目、長澤聖愛や “963”辻優衣ら選出

グラビア 公開日:2021/07/06 19
この記事を
クリップ

1982年にスタートした、雑誌業界で最も歴史のあるミスコンテスト『ミスマガジン』。


初期には斉藤由貴、細川ふみえ、その後中川翔子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、新川優愛、衛藤美彩など、錚々たるタレントを輩出。2018年に復活し、アイドル、グラビア業界からも注目されている本コンテスト。この度、応募総数2915名から『ミスマガジン2021』ベスト16が決まり、講談社本社にてマスコミ向けのお披露目フォトセッションが開催された。


今年のベスト16メンバーは、山岡雅弥、和泉芳怜、坂上未優、枷楼はな、長澤聖愛、天野きき、辻優衣、竹内月音、斎藤愛莉、大嶋みく、ナタリア聖奈、大島璃乃、金澤日風美、大塚遥、内藤花恋、亀山キラリの面々。


アイドルグループのメンバー、コスプレイヤーから事務所無所属の原石まで、『ミスマガジン』の伝統を感じさせる個性派にスレンダーからグラマーまでスタイル抜群の美女が顔をそろえた。中でも注目なのが、合法ロリ巨乳として絶大なる人気を誇る“まりちゅう”こと長澤茉里奈の実妹、聖愛が選出されている。今春『週刊FLASH』で水着姉妹共演グラビアで登場。姉・茉里奈が「ふだんお互いの水着姿なんて見ないから驚いたよ…聖愛、おっぱいデカすぎ! って(笑)」 と目を丸くした美バストがお目見え、長澤は「聖愛と書いて”せいら”って読みます。先月二十歳になりました。私は負けず嫌いなので、絶対このチャンスを逃したくないです。こういうオーディションは初めてでむちゃくちゃ緊張してるんですけど、気持ちは誰にも負けないように精一杯頑張ります」と力を込めた。昨年は都丸紗也華の妹・亜華梨がベスト16入りして話題を呼んだが、今年もグラビアで成功を収めた姉に続けるか注目だ。


アイドルグループ出身メンバーも多く、PiXMixの和泉芳怜(いずみかれん)、Shibu3 projectの天野きき、九州の人気ユニット963(くるみ)の辻優衣、ナナランドの竹内月音、BOCCHI。の大嶋みく&亀山キラリと今年も多彩。ファンの力を借りて、この激戦をどう戦うか見ものだ。


唯一、事務所に所属しておらずベスト16に残ったのは金澤日風美。公称86cmとは思えないボリュームでひときわ目を惹く。心臓が飛び出るくらい緊張しているという金澤は「私が『ミスマガジン』に応募した理由は、賞金100万円を獲りたいからです。それは私の将来の夢が、自分が胸が大きいというのもあるので、そんな人たちに可愛いランジェリーブランドを立ち上げる資金にしたいです」と、大きな胸よりもさらに大きな夢を持ってオーディションに臨む。さらに初めてのグラビアとは思えないポージングと色気を見せたのが大島璃乃。「全日本着物装いコンテスト」の関東2位ということで、凛とした和の佇まいを纏ってるのかと思いきや、記者からのポージングの要求にもばっちり応え、さらにエロい空気がムンムン。水泳で鍛えられた締まったボディも見どころ満載。これからが楽しみな大和撫子だ。


そして銀座の寿司店で修業中という変わりタネなのが、今回最年長22歳の大塚遥。「特技は愛情たっぷりのお寿司を握ることと、シャリを20g均一に握ることです!」とガチ職人な一面をアピール。粋で姉御肌だが、声が可愛く、スタイルもバスケットボールで鍛えたメリハリのあるナイスなボディでカラダも魅力いっぱい。「お寿司だけでなく、あなたのハートも握っちゃうぞ♡」とキメてみせた。


『ヤングマガジン』33号と34号(7月12日、19日発売)に付いているハガキによる投票とSHOWROOM、YouTubeのPV数、SNSのファボ数を加味して『ミスヤングマガジン2021』を決定。発表は10月上旬に予定されている。


果たしてこの16人の中から『ミスマガジン』の栄冠に輝くのはどの原石か?



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 60件)