現役パティシエアイドル葉山なつみ、初DVD撮影に戸惑い「下着のシーンが…」

グラビア 公開日:2021/07/04 29
この記事を
クリップ

現役パティシエで「第3代ミスプレミア」グランプリに輝いた葉山なつみが4日、都内でDVD『はじめてがいっぱい』(ギルド)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身初となるイメージ作品を手にした葉山は「芸能界に入って撮影も初めてだったので、活動の最初の記念DVDになりました」と笑顔を見せ、撮影は2年前に愛知県岡崎市で行われたそうで「2年前に(第3代ミスプレミアの)グランプリをいただいて撮影したんですけど、また1年前に追加で撮影させていただきました」と打ち明けた。


具体的なシーンの紹介を求められると「彼女と1日一緒にいるような、彼氏目線で見ていただける作品で、朝起きた瞬間とか、料理をしている瞬間とか、お外で歩いているシーンもあるので、デートしている気分で見ていただけたらいいなと思います」と説明し、「自分でリクエストしたのが、泡風呂のシーンとパンケーキを作るシーンで、いま現役でパティシエをしているので、自分らしいシーンかなと思います」とアピールした。


初めての撮影で戸惑いもあったそうで「水着でお仕事をするのも初めてだったので、見せ方が難しかったのと、下着のシーンがあるんですけど、夜、ベッドの上で撮影して、「大人っぽい表情をして」って言われたんですけど、そのイメージが湧かなくて、試行錯誤が大変でした」と初々しい一面を覗かせつつ、「でも、完成したのを見て、頑張ってよかったなって思いました。2年前に撮影したとき、今より7kgくらい太っていたんですけど、頑張ってダイエットをしたので、その成長記録も見ていただけたらいいかなと思います。今、昔の自分を見るのは恥ずかしいです」と照れ笑いを浮かべた。


そんな本作に自己採点するよう求められると「65点。次を出したらどんどん(過去作を)超えていきたいですし、2年前に撮影したものよりも、1年前に撮影したもののほうがよかったので、次に撮影するときには100点になるように、日々、努力していきたいです」といい、「でも、見てくださった方が100点で言ってくれたらいいなと思います」と期待を寄せた。


また、パティシエの仕事について聞かれると「ケーキを作っているんですけど、将来的には自分のお店が持ちたくて、個人経営でケーキを作ったり、カフェをオープンして、そのスペースで私みたいにアイドルをやっていたり、グラビアをやっている方のイベントとかできたらいいなと思っています」と目を輝かせた。


最後に、今後の抱負を聞かれた葉山は「最近はアイドル活動もしていまして、土日はライブをしたりしながら、ライブ配信で画面越しでお話をするお仕事をしています。これからの抱負は、テレビとかラジオとかメディアのお仕事をしつつ、まだまだ始めたばかりなので、グラビアのお仕事ももっと頑張っていきたいなと思っています」と力を込めた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ