奈月セナ ゴージャスな裸身解禁、3rd写真集は「大人のエロティズム」をイメージ

グラビア 公開日:2021/07/03 14
この記事を
クリップ

2018年5月に本格的にグラビアデビューを飾り、瞬く間にグラドル界の一翼を担う人気者となった奈月セナ。昨今は女優などグラビア以外での活躍も目立つが、172cmの高身長に上から上からB88・W58・H89(cm)という抜群のプロポーション、さらにはバストもGカップと非の打ち所がないスタイルは色褪せることがない。今やグラドル界でも最も写真集が売れるという奈月が、通算3冊目となる写真集『たまゆら』(講談社)を発売。その発売記念イベントが都内で行われ、写真集の見どころなどを語った。


「今日のワンピースは女豹な感じで(笑)。身長がチャームポイントなので、それを見せれるような衣装にしてみました」とファッション解説から幕を開けた奈月のイベント取材。以前の奈月は髪の毛がショートだったが、髪の毛を長くしたスタイルはまるで別人で、さらに以前よりも大人っぽくなった印象だ。そんな彼女の最新写真集は、静岡・伊豆地方と千葉のスタジオで撮影されたもの。ひとときの「旅情」をテーマにした今作は、これまで見せたことのない「和」の装いで表現する艶やかな表情、洗練されつつも肉感的でゴージャスな裸身を解禁している。


「今回の写真集は旅情をテーマに、男女の秘密の旅行というか逃避行、不倫旅行みたいなイメージで撮影しました。タイトルの「たまゆら」は"一瞬"という意味があるみたいなんですが、写真の中にも"一瞬"を切り取っています」と写真集を説明した。今回は奈月自身が企画にも携わったといい、「今回は企画の時から提案させて頂き、和テーストで写真を撮りたいと思い、国内ロケにしてもらいました。お気に入りは旅館での写真。シーツ1枚で隠したりお酒を飲んで酔っ払ったシーンをやりたかったので提案させて頂きました。私も今年で25歳。大人のエロティズムに挑戦したかったし、大人のエロティズムをイメージして作品を作りました」とこれまでの写真集より一皮も二皮も剥けた奈月が見られるという。


周囲の評判も「いろんな方が結構良いと言ってくださいました」と上々の様子だが、「母親は恥ずかしいと(笑)。身内としては恥ずかしい感じなんですね(笑)」と苦笑いを浮かべる場面も。とはいうものの、出来栄えとしては「100点満点です!」と自信を覗かせて、「ランジェリーも結構多かったんですが、特に抵抗もありませんでした。むしろ新しい表現がしたかったし、透け感のある温泉のシーンも初めての挑戦ですごく楽しい撮影でした」と満面の笑顔。最後に「25歳の"奈月セナ"を存分に楽しんで欲しいと思います」とアピールした。


写真集以外の話題として「最近は虫歯になったぐらいしか記憶にありません(笑)」ぼ明かすも、「お家にいる時間が増えたので、家事をするようになりました。お家で料理を作ったり。花嫁としてはバッチリな感じですよ(笑)」と家事レベルが格段と上がったんだとか。得意な料理は「最初は簡単なオムライスを作っていたんですが、最近はレシピ本を見ながら料理をしています。中でもチキンの香草焼きが得意ですよ♪」と自信満々。そんな彼女に「どんな男性に食べて欲しい?」と質問を投げかけると「美味しくたくさん食べてくれる人がいいですね。寂しいのでそろそろ相手が欲しいかな(笑)」と独り身を強調していた。


LUCKMAN/講談社  


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ