フェロモンGカップ 由衣、超過激シースルー衣装で大サービス「エッチに攻めてみようかな」

グラビア 公開日:2021/06/27 8
この記事を
クリップ

小悪魔的なルックスで、Gカップバスト抜群ボディと誘惑フェロモンで魅了する由衣が27日、都内でDVD『今日は何しましょうか?』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


由衣にとって4枚目となるイメージ作品となる今作は沖縄で撮影。看護師演じる由衣が、各衣装やシチュエーションによって、いろんな面を見せてくれるそうで「ニップレスを貼って階段でダンスをしたり、お風呂に入ったり、朝ベッドのシーンがあったり、リビングでいやらしいことをしたり、患者さんにマッサージされたりしました」と説明。


大変だったシーンを聞かれると「海のシーンは虫がすごくて、私、虫が本当に無理なので、何回も「ちょっと待ってください!」って言って撮影を中断しちゃったので、本当に大変でした」と打ち明け、恥ずかしかったシーンについては「最後の夜ベッドのシーンで縛られてくすぐられたんですけど、すごく恥ずかしかったですね。衣装(Y字のレースランジェリー)も1番のお気に入りです」とニッコリ。セクシーなシーンも追求されると「やっぱりニップレスを貼ってダンスをしているシーンですね。音楽に合わせて腰フリをしていました」と紹介した。


また、ジャケットにもなっている泡のみで各所を隠しているシーンについて尋ねられると「これはお風呂のシーンで、泡で大事な部分を隠しています。後ろはまっさらなんですけど、何も(着てい)ない状態で撮るのは初めてだったので、恥ずかしかったです。マッサージをされているときに、泡が取れちゃうんじゃないかと思って、頑張って泡を作って塗ってました」と苦労を明かしつつ、「でも、私はどちらかというとこういうエッチな感じは好きです」と声を弾ませた。


なお、この日、シースルーの過激衣装で登場した由衣は「2枚目のDVDのときに、これと似た衣装を着たんですけど、これは仲のいい友だちに借りました。ちょっとエッチな感じで攻めてみようかなと思いました」とサービス精神旺盛な一面をみせた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)