バーレスク東京フォトブックシリーズ1作目に抜擢 もも、推定Gカップむちむちボディ躍動

グラビア 公開日:2021/06/20 12
この記事を
クリップ

東京・六本木に拠点を構えるエンターテインメントショークラブ「バーレスク東京」の公式フォトブックシリーズ『月刊バーレスク東京』。在籍メンバーの中から選抜されたメンバーがモデルを務める連載型写真集となっており、そのシリーズ1作目に抜擢されたももが、20日に都内で開催された記者発表会に出席した。


この日、セクシーな水着姿で登場したももは、推定Gカップの迫力あるバストを引っ提げ、現在人気急上昇中。フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』への出演でも話題となった。


今作の出来栄えについては「自分が思っていた自分の好きを詰め込められたかなと思いました。最後の方は脱ぎすぎちゃったかな、とも思ったんですけど、きれいに写してくれていたので、とても良かったです」とコメント。「銭湯で、浴衣みたいなのを絶対着たいなと思っていたので、浴衣を脱いでいくシーンは結構多めにしてもらって、お気に入りです」と笑みを浮かべた。


『月刊バーレスク東京』のシリーズ1作目に選ばれた心境を聞かれると、「バーレスク東京って70人くらい在籍しているんですけどその中で私が選ばれたのにはびっくりしました」と告白。続けて「でも、普段から『おっぱいいいね』みたいなのを言われていたから、おっぱいのおかげなのかなと思いました」と笑った。


香川県出身のももに、上京してからの変化を尋ねると「香川県時代は佐川急便で働いていたんです。周りは男性の方ばっかりで、メイクなんかしていなくても若い女の子というだけでちやほやされていた」としたうえで、「上京してからはバーレスク東京にすぐ入ったので、周りが普通の女の子より可愛い子ばっかりだからメイクとかも勉強したおかげで、香川県に帰ったときには『めっちゃ変わったね、女の子らしくなったね』ってよく言われるようになりました」とにっこり。


『ザ・ノンフィクション』出演の反響に関しては「すごかった」としながらも、「私、バーレスク東京に入って約1年半くらいなんですが、今まで、バーレスクに入っていることも東京に住んでいることもお父さんに言ってなかったんです。でも今回の『ザ・ノンフィクション』でやっとバレて(笑)。色々揉めちゃったりとか大変なことはあったんですけど、これからは心置きなく、罪悪感なく働けるなという(笑)」と、放送を通して父親に秘密がバレてしまったことを打ち明けた。


さらに「バレ方も、自分がテレビを観ていたんじゃなくて、会社の部下の人に『娘さんテレビ出てましたね』って言われたらしくて。「なに言ってんだ、そんなわけないだろ。ウチの娘は佐川急便なんだ」って言ってたら、『ザ・ノンフィクション』にお母さんも出てたんで、「え、これ奥さんですよね」ってなって(笑)。それで怒りの電話が来て、香川県に急きょ帰って、「すみません」って」と苦笑。


「いよいよバレちゃって、ケンカにはなったんですけど今は無事了承を得ることができました(笑)。最初は、否定派だったんですけど、否定というよりかは知らされてなかったことにすごく怒っていたみたいで。最終的にはお手紙を書いて、「傷付けてすみません」と伝えたら許してくれました」と詳細を明かした。


今後の目標は「バーレスク東京で活躍するのはもちろんなんですけど、最近は撮影が楽しいなって感じることが多くて、こういうバーレスク以外のお仕事ももっともっとしていきたいなって思っています。撮影みたいな仕事も増やしていけたらいいなって思ってます」。仕上がりには「100点」と点数を付けていたが、改めて聞かれると「満点じゃないものを買ってもらうの申し訳ないと思っていたんですけど、よくよく見てみたら「むちむちしすぎかな?」ってさっき思っちゃったんで、90点でお願いします(笑)」と突然減点し、笑いを誘った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 25件)