まんまるGカップ 相良朱音、手ブラ&デザインニップレス一挙解禁「恥ずかしすぎて」

グラビア 公開日:2021/06/12 15
この記事を
クリップ

2017年にグラビアイメージDVDを発表、148cmのミニマムボディから繰り出す89mのまんまるGカップがグラビアファンの心を掴み、「低身長界のパーフェクトボディ」の異名を持つ相良朱音。


天真爛漫なキャラと、ぷるんぷるんの美巨乳で”親しみやすさ”という点では随一。本人は好きな人と2人きりになったら目が合わせあられないという引っ込み思案らしいが、頭の回転が速くトークが上手。そんな相良に多くのファンや関係者が魅了されているが、今回1年2か月ぶりとなる6thDVD『恥ずかしすぎて』(竹書房)を発売。記念のイベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


囲み取材に応じた相良は、パイナップル柄のビキニで登場。「暑いから取り敢えず安直な私は、夏=パイナップルなんですが(笑)、おっぱいはイイ感じというのは、みなさまには伝わったと思うので、今回は“おしり推し”で、ちょっと小さめを選んできました。という次第でございます!」と、ブラジリアンカットなバックスタイルは、おしりのほっぺをほぼ開放してにっこり。


12月に沖縄で撮影された今作、「もう凍えました。せっかくなんで海にも入りたかったんですが叶わず、背景にちらり程度になってしまったのがちょっと残念です」と振り返った。


最新作は「私史上、いちばん攻め攻めでお送りしております。だからタイトルが『恥ずかしすぎて』なんです。自分で映像をチェックしたんですが、画面いっぱい私の“パイオツ”がアップになってめっちゃ恥ずかしかったです」と照れながら、「手ブラとかデザインニップレスもしたことがなかったんですが、一気に解禁になりまして、大胆的な構成になっております」と畳みかけた。「私、おっぱいの形がキレイなんですけけど、それが一番表現できるのがこの表現だったんだなと思いました。あらためてやってみて“私のおっぱいって丸いんだな”って再確認しました」と話した。


「エステティシャンの設定で、いろいろ御奉仕するんですけど、最終的日は結婚します!」と、しっかりハッピーエンドという今作。お気に入り衣装はやはりウェディングドレスだそうで、「デザインニップレスという良さもあるんですが、なかなか着る機会がない衣装なので観て欲しいです」と、乙女心MAXでアピールし、恥ずかしかったのは朝ベッドのシーンを挙げ、「今までチュッパチャプスしか舐めたことなかったんですけど、初めてアイスやキャンディーだったり、長めのものを舐めたのが恥じらいが出ましたね」ともじもじ。


この夏はプール撮影会の参加を増やしたという相良。「このご時世なかなかプール行けないじゃないですか。なのでいっぱい(スケジュールを)入れました。みなさまにコミットしたいと思いまして。6月27日は“Fresh撮影会”に参加させていただきます」と告知もしっかり。さらに「相良朱音公式サイト」や、YouTubeチャンネル「さがらのしおり」も新たにスタート。水着姿でラブホテルをレポートしたりと、BANはされないちょっとえっちなコンテンツで人気急上昇中なので要チェックだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ