中峰みあ 最初にして最後のDVD、芸術的な“麗しの真珠ボディ”魅せる

グラビア 公開日:2021/06/09 42
この記事を
クリップ

某有名大学の法学部に席を置き、この春から法律関係の仕事に就きながらグラビア活動もしているという中峰みあ。


ここ数年前からグラビアファンの注目を一身に集めていた彼女は、撮影会やイベントなどで人気を集め、今年になって『現役女子大生 中峰みあ ボン、キュッ、ボン! 週刊ポストデジタル写真集』や『Bedroom』とソロのデジタル写真集を立て続けにリリース。豊かなバストに美しいクビレ、そして大きく肉感溢れるお尻を露わにして大きな話題を集めた。その彼女が記念すべき1stDVD『Sanctuary』(竹書房)を発売。最初にして最後のグラビアDVDと残念な情報はあるものの、唯一無二のグラビアDVDで、2021年上半期のグラビア業界においてトピックスにもなり得る作品だ。


先にも触れたが、中峰はこれまでデジタル写真集をはじめ、フリーのグラドルがよく発売しているROMやチェキといったアンダーグラウンド的な活動を展開。撮影会などのイベントなどにも出演し、グラビアファンから圧倒的な支持を集めている。その人気が昨年ぐらいから大きなうねりとなり、今回待ちに待った1stDVDをリリース。グラビア業界としては本当に待ち望んだ作品で、中峰にとって初めてのDVDと言えども完成度は極めて高い。


スタイルの良さは改めて説明するまでもないが、166cmの身長にスリーサイズは上からB90・W58・H93(cm)とトップグラドルに比肩するプロポーション。着衣だけでも分かるそのスタイルは、見ていてウットリする。バストのカップは未公表ながらも、張りがあって形も抜群。まさに"美乳"といった趣きだ。クビレたウエストラインも秀逸で、その凹凸感は芸術的でもある。今作では露出の高い水着や衣装などを着用。マイクロビキニをはじめ、超ハイレグ水着、下着風水着など、どれも中峰の凹凸ボディを強調している。しかも野外やベッドなどでは手ブラを披露。ギリギリ感も演出しており、初めてのDVDでここまで披露した潔さに拍手を送りたい。


ロケ地は沖縄の西表島。南国特有の時間がゆったりと流れる空間の中で、中峰がしっとりとグラビア的シーンを見せている。グラビアの作品というよりも、まるで映画のワンシーンのような錯覚にさえ陥るほど芸術的だ。すべてのシーンをおすすめしたいが、敢えて選ぶなら日本家屋で繰り広げられる浴衣のシーンか。浴衣から水着へと展開するシーンに中峰から漂うエロティズムを感じずにはいられない。ベッドのシーンで見せたヌーディーな姿もおすすめで、生々しい肢体が横たわるシーンは惚れ惚れするシーンと言えるだろう。しかし、惜しむらくは、これが最初で最後のグラビアDVDということ。その意思を曲げて、2枚目のDVDがリリースされることを切に願う。


中峰のDVD発売記念イベントは6月20日(日)、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館 8Fで開催の予定。直前のチェックをお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

関連タグ