“国宝級爆乳” 桐山瑠衣、ずっしりKカップを旅先で独り占め

グラビア 公開日:2021/06/06 29
この記事を
クリップ

2008年にグラビアデビューを果たし、今では国宝級の爆乳と呼ばれ人気の桐山瑠衣が、41作目となるDVD&Blu-ray『艶恋いちゃラブ温泉旅行』(エアコントロール)をリリース。発売記念イベントを秋葉原のソフマップで開催した。


1月に長野県の諏訪湖で撮影された今作は「友人の結婚式に彼氏と一緒に参加をしまして、そのまま彼氏とお泊りしてあれやこれやとしちゃいました」と説明。どんなシーンがあるのか聞いてみると「温泉旅行なので、もちろんお風呂のシーンがおすすめですよ。手ぬぐいだけで前を隠していたりとギリギリな感じか楽しめます」と紹介した。結婚式に出席ということで、チャペルでのシーンも見どころのようで、「チャペルで水着姿になったんですよ。こんな神聖なところでこんなことをしていいのかなという罪悪感を持ちながらバージンロードを歩いちゃいました」と紹介。セクシーなシーンについては「浴衣姿のシーンなんですけど、お酒を飲みながら浴衣をはだけちゃったりしています」とドキドキシーンを紹介した。


今作の撮影は冬の諏訪湖ということで、雪山での撮影に挑戦したそうだが、「私のドM精神が出まして、どうせなら雪山と撮ろうと提案したんですよ。山のテッペンに行って、そこにある展望台で撮影をするつもりだったんです。まさかその展望台が封鎖されてまして大変でした。雪の量もすごくて、雪は脛のところまで積もっていましたね。マイナス2度しかなかったですけど、最後には水着姿になりましたよ」と明かした。


今作のテーマが温泉旅行だが、実際に温泉旅行に行ってやってみたいことを聞かれた桐山は「芸者さんを呼んでみたいですね。一緒に踊ってみたいです。芸者役とかにも挑戦してみたいです」とアピールした。


今でも胸は成長して少し前まではJカップだったのだが、Kカップにまで成長したそうだ。「今は108cmのKカップですけど、胸を大きくしようとは思っていません。がんばってまだまだグラビアを続けられるように、維持をすることに心がけています」と話した。胸を大きくする秘訣について聞かれると「夢と希望を持つことです。10年間夢と希望でがんばっています」と意気込んだ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ