“ぱふぱふFカップ” 岡本杷奈、メリハリボディにマシンガントークでグラビア席巻

グラビア 公開日:2021/06/05 76
この記事を
クリップ

高校卒業後福井から上京、スーパーの正社員として毎日懸命に働いていた子が、スカウトで昨秋芸能界入り。「わたし胸デカいです」の自己紹介でグラビアアイドルの道を歩み始めた岡本杷奈(おかもと はな)。


174cmという高身長に、Fカップのまんまる美乳、くびれからチャームポイントだという大きめヒップへの眺めは圧巻。スーパーにいては公に見せることはなかったメリハリボディで今注目を浴びているニューカマーだ。そんな岡本の記念すべきファーストDVD『花が咲いたよ』(竹書房)の発売記念イベントが、秋葉原・ソフマップで開催された。



明るい笑顔を弾けさせながら、初の囲み取材に応じた岡本。トップのフリルが大きいが、バストを寄せ上げして、しっかりと谷間が魅せられるデザインのビキニを纏い、「とにかく胸が盛れるデザインで、ボトムのお花も可愛いです。この日の為に買わせていただきました」とにこにこ。いるだけで周りを明るくさせる、ムードメーカー的存在で、まさしく華のある笑顔美人だ。


1stDVDは時勢柄都内で撮影、彼女の岡本が、彼氏とさまざまなシチュエーションでえちえちシーンをみせてくれる“岡本杷奈入門編”といった内容。「全編観たんですけど、私じゃないみたいに可愛かったです!」と自賛した。昨秋事務所に所属してすぐの11月の撮影となった今作、「屋上で制服から水着になったんですが、それが一番寒かったです。鳥肌立っちゃいました」と振り返った。


印象に残ったにはOLのシーンだそうで、「遅刻の多い後輩を怒って、セクシーなお仕置きをするんですが、女性からみても、OLのひとがセクシーな水着着るってたしかにグッとくるなって思いました。私もきましたねー」と興奮気味に話し、お気に入りのシーンにはツインテールのメイド姿を挙げ、「初めてメイド服着たっていうのもありますし、“ご主人さまー”なんて初めて言ったので、楽しくノリノリでできたかな」と笑った。さらに「メイドも恥ずかしかったですけど、赤いランジェリーがすっごい恥ずかしかったです。下に鏡入れられちゃって…」と照れまくっていた。そんな1stDVDを自己採点してっもらうと、最初は100点と言ったのを取り消し「やっぱり80点。セリフの棒読みをマイナスします。次回作以降に持ち越しということで!」と修正申告した。


目標とするグラビアアイドルは「畏れ多いんですけど、背が高いつながりで、…奈月セナさん…」と、囁くように発表、「カッコいいですよね」と憧れの存在でもあるようだ。また髪の色がDVD撮影時と違うことについて聞かれると、「ちょっと清純派を目指そうと思いまして、黒髪にしてみました(笑)。どっちがいいですか?」と逆質問し、今の方が良いとの意見に「DVDとのギャップを楽しんでほしいですね!」とアピールした。


初めてとなるイベントの意気込みを聞かれると「とりあえず“みんなついて来ーいって”感じで、しゃべりたいと思います!」と意気込む笑顔が可愛いが、どんな質問にもしっかり返し、トーク力の伸びしろが期待されそうな岡本。本人も「地上波のバラエティー番組に出たいです!」と目標に掲げているようで、共演したいタレントを聞かれ「顔が似てるって言われたことがあるのでめるる(生見愛瑠)さん」と答えたが、笑顔の感じは足立梨花に近いと思うがいかがだろうか?天真爛漫なキャラとマシンガントークで、グラビアのみならず多方向からのアプローチも期待できる岡本杷奈。この名前を覚えておいた方が良いかもだ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)

関連タグ