朝比奈祐未、麗しき“インテリ美尻”にズームアップで夏先取り

グラビア 公開日:2021/06/04 92
この記事を
クリップ

5月29日、30日に、埼玉・川越水上公園で開催された『近代麻雀水着祭★2021』のDay2に“ひなけつ”こと朝比奈祐未が登場した。


美大卒のインテリ感、安定感ばっちりの美尻とGカップとのバランスが芸術的に良いオンナ朝比奈祐未。撮影会クイーンと言っていいほど、各会場に“ひなけつ”アリだが、川越にもその姿はあった。


1部は“トロピカルひなけつ”、パイナップル柄のビキニで、パインの浮き輪とともに。おしりもうっかり日焼けしそうな照りつける夏のような太陽の下、セクシーポーズを連発。ひとりひとり丁寧に目線を配るのはさすがだ。2着目は、かえるちゃんのTwitterによると、バニー衣装で“オケツ競演”したコスプレイヤー九条ねぎから借りた水着らしい。細かいストライプでリボンがアクセントとなっているビキニ。もちろん美尻はほぼ全開に拝める仕様だ。そして3着目はあみあみがセクシーで大人っぽい変形ワンピース水着。透け感がえっちで、小道具のタイヤの浮き輪と絶妙にマッチしてレースクイーンのおねえさんのよう、ずっとファインダーを覗いていても全カットが絵になる。


いつみても様になるカッコよさを持っているから、グラビアファンのカメラマンはもちろん、初心者でも綺麗な写真が撮れるのが朝比奈。さりげなく大胆におしりを向けて来るので、馴れない人は恥ずかしくなるかもだが、そんな時は、悩殺してくる“ひなけつ”に負けずに、美尻にズームアップするくらいの気構えで撮ってほしい。それは最高の1枚になるはずだ。


朝比奈の撮影会ツアー、次回は6月20日(日)にふたたび川越水上公園で「東京Lilyプール撮影会2021」に参戦、6月26日(土)にも参戦の予定。ひなけつの夏はまだ始まったばかりだ。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連タグ